FC2ブログ

個的生活を抜け出し観客をやめて…

Posted by ななし on 16.2016 記事 0 comments 0 trackback
テレビやインターネットから情報は溢れ出している。
個的生活に埋没していたころは、この溢れ出してくる情報をひたすら傍観しつづける観客であったのだろう。

しかしそれをいくら貪っても、情報は情報でしかなく、それ自体が答えになるものではなかった。

溢れる情報をどう捉え、どう組み立てていけばよいのか。

そこにぶつかった時に、人に会い話をする事が必要であるというところに行き着いたのだと思う。

>つまり、人収束(外向仲間収束)とは、自分たちで場を作る演場社会の土台であり、観客から協働への転換の土壌を作るものなのである。

人に収束するのは、今までの単に見聞を広げる為というものではなく、認識を組立て課題を顕在化させる、そして答えを見つける為へと変化してきていると確かに感じる。




永峰正規 
スポンサーサイト



にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ

○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://gensenkeijiban1.blog.fc2.com/tb.php/925-399a813d