FC2ブログ

就職よりもアルバイトって?

Posted by ななし on 03.2016 記事 0 comments 0 trackback

「就職することには、抵抗があってもアルバイトは楽しい、充実している。何年も前のアルバイト仲間と今でも時々集まっている。」という若手がいる。
 実際「就職よりもアルバイトの方が充実している」という若い人は少なくないようだ。それがフリーターの増加にも繋がっているのだろう。

>(アルバイトでは)自分の位置と役割を、僅かな期間で理解し、お互いにその役割を期待しながら働くと言うのは、仕事の内容を超えた充実感をもたらしているのではないか。 <
>平等主義の名残からヒエラルキーと言う言葉に拒否反応を示しても、潜在的にはヒエラルキーの中で役割を持つことを受け入れているはず。ただ、何の為かも分からないヒエラルキーを敬遠し、自ら遠ざかるのだ。 <

 アルバイトでは上下関係も、「経験からくる役割の違い」と問題なく受け入れられるようだ。それが就職すると何のためか判らなくなるという。
 なぜ、アルバイトでの楽しさは、就職すると無くなってしまうというのだろうか。

 アルバイトには純粋に「賃金(と仲間)」を期待しており、余計な観念が入り込む余地が少ないので、仕事に必要な上下関係も自然と受け入れることができるが、いざ就職となると将来性とか、世間体とか、色んなことを考えてしまい、上下関係も仕事のためを超えていわば人生そのものを感じてしまうため、簡単には受け入れられなくなるのではないだろうか。
 同じように仕事をしていても、アルバイトの方が、余計なことを考えなくていいため、素直に充足を感じることができるとしたら、観念とは本当に罪深いモノだ。



玉川泰行
スポンサーサイト



にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ

○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://gensenkeijiban1.blog.fc2.com/tb.php/912-a58bd1dd