FC2ブログ

可能性は確かに存在する。

Posted by ななし on 13.2016 記事 0 comments 0 trackback
掲示板って、自分の好き勝手な事を投稿して、その掲示板内になんか排他的な雰囲気があって、気持ち悪い内輪の盛り上がりがある。
僕自身、そんな風に思ってたし感じてもいた。

>普通の人に発信必要性を作り出す事が不可欠

普通に生活してたら、まず発信必要性は感じない。
なぜ?
知らないから。こんなにもたくさんの人が、現在の社会の閉塞感からくる不全に対して真剣に考えている事を。気づいていなかっただけ。

そんな人が多数なのでは?

知らないなら教えればいい。

無理に発信してもらう必要はない。
ROMでもいいじゃない。
○サイトへの入り口でもいいじゃない。
MLだけのおしゃべり仲間でもいいじゃない。
そのうち、そのひとのなかで、何か発信したい欲求が生まれ、自然と投稿してしまう。
公開されているとか、実名であるとか、そんな事にこだわらなく、自分の気持ちを伝えたくなる。そんなサイトになれば、自然とうねりが生まれる。

時間はかかるかもしれないが、何をすべきかはわかっている。
中身の追求、これに尽きる。
 


ゲン 
スポンサーサイト



にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ

○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://gensenkeijiban1.blog.fc2.com/tb.php/891-82f1da9d