FC2ブログ

戦後の日本人より今のロシア人の方がずっと賢い!;気付きましょう!目覚めましょう!

Posted by ななし on 25.2015 記事 0 comments 0 trackback
先日のロシア議会選挙で不正があったとして10万人の抗議デモがあった。
プーチンの勢力は過半数を割っている。
などと、英米や日本のマスコミで報じられています。
あたかも、ロシアがアラブの春のように独裁政権に反抗して、現在の政権が壊れるかのような報道をしています。
しかし、これらの報道は真っ赤な「ウソ」です。
皆さん、また、騙されていないでしょうね。
元々、アラブの春や民主化運動などの多くがいわゆるNWO連中の画策したもので、資金や武器反政府勢力に対しての攻撃支援なども行っています。
中でも、リビアのカダフィ大佐の虐殺は酷いもので、最近、アメリカ軍が良く使う無人爆撃機を遠隔操作し、逃走するカダフィ大佐の車列をミサイルで爆撃し、走行不能状態にした上で、アルカイダを主力とする反政府連中に連絡し、現地に向かわせて虐殺したのです。
この無人機が攻撃した件はアメリカも認めています。
そして、オバマ大統領は「大統領は裁判を経ずとも処罰できる権限がある」と宣言したのです。
ノーベル平和賞を受賞したオバマ・アメリカ大統領は「リンチ殺人が出来る」と宣言したのです。
もう、完全に狂っています。「悪魔が棲むアメリカ」にふさわしい大統領そのものです。
このように、NWOを推進しようとするアメリカ政府は2001年以来完全に狂っています。いや、アメリカの原住民虐殺によるアメリカ創設自体狂っていますが、その狂った行動を諸外国に向け色々と画策をするわけです。
北朝鮮の金正日総書記が列車の車中でなくなりましたが、これも暗殺ではと疑われます。
しかも、亡くなった金正日は3代目の影武者との噂があります。
さらに、今のこの時期であること自体極めて怪しい事態だと思われます。
北朝鮮とアメリカは統一教会を通じて裏で繋がっているのではと以前から噂されています。
ですから、「テポドンの発射」はアメリカが日本への防衛ミサイルを売り込むための、営業上の援護射撃であったのではと思います。
もちろん、北朝鮮がアメリカの言うとおり全て行っているとは思えませんが、このように裏で協力してきたこともあるのではと思います。
今まで色々とアメリカに協力してきたけれど、イラクのフセイン、エジプトのムバラク、リビアのカダフィの結末を見た北朝鮮は、アメリカに協力するととんでもないことになると思ったのではないでしょうか。ですから、中国やロシアとの関係を強めようと行動したのではないでしょうか。
その行動を見て、もう用済みだと・・・
悪魔の連中が考えそうなことだと思います。

しかし、ロシアの国民はどうでしょうか。
田中宇さんの情報によれば、議会選挙の出口調査や事前の報道と選挙結果はほとんど変わりなく不正は考えられない。与党が過半数を占め、野党でもプーチンの政策を支持しており、その勢力は80%を占めている。国民がプーチンを支持している状況に変りはない。
ロシアの国民はエリチン時代に英米のプロパガンダで酷い経験をしており、その後のプーチン大統領が偽ユダヤ勢力を追い出して石油会社の国有化などにより経済が安定してきたことを充分認識している。だから、民主化などのプロパガンダなどに騙されない。とのことです。

このように、英米に酷いことをされたロシアの人々は二度と英米に騙されることは無いでしょう。

昔、カダフィ大佐に単独インタビューした元NHKキャスターの磯村尚徳氏は今年の夏の徳島での講演会で、その時に逆にカダフィ大佐に質問されました。「日本は2発も原爆を落とされているのに、なぜ、アメリカと仲良くするのか?」と言われて困ったそうです。
既報のように、カダフィ大佐は理想の北アフリカ通貨圏を作ろうとしていました。其の基となる資金を蓄財していました。そのカダフィ大佐を虐殺し資金を略奪した悪魔は誰なんでしょうか。

アメリカのルーズベルト大統領の策略で真珠湾奇襲攻撃により太平洋戦争に引き込まれた挙句、極悪非道な一般人を対象とした大量虐殺兵器である原爆を2発もアメリカに落とされた日本。
養父が英米側であると疑われる吉田茂によって締結された極めて不平等な日米安保。
CIA資金により創立された傀儡自民党政権に数十年に渡り騙され続けていた日本人。
CIA工作員のコードネームを持つ正力松太郎が作った読売巨人、読売新聞、推進した原発。さらに原発を推進した中曽根康弘。
アメリカによる年次改革要望書という命令を忠実に実行した、小泉純一郎と竹中平蔵。
さらに、それを上回るほどに忠実に実行した菅直人と野田首相。
その全てをコントロールする悪魔に媚びへつらう醜悪な官僚、特捜、検察、司法、議員、マスコミ、経済団体。

この歴史を現実をしっかりと認識し、もう二度と騙されるのはよしましょう。
そして、賢くなりましょう。
日本人が騙されやすいのは純粋さゆえの裏返しともとれますが、今の激動の時代はその純粋さを賢く生かす方に向けなければ日本人の未来は無いと思います。
気付きましょう! 目覚めましょう! 覚醒しましょう!
関連情報は・・・リンク




勝寛舟
スポンサーサイト



にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ

○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://gensenkeijiban1.blog.fc2.com/tb.php/750-ea07ac9f