FC2ブログ

マスコミと人々の間にあるのは、発信力の差であって、認識力の差ではない

Posted by ななし on 28.2012 記事 0 comments 0 trackback
「情報には常にベクトルがかかっている」という、上手い表現を耳にしたことがあります。つまり、メディア情報には方向性と意図がある、ということです。
裏を返せば、「客観的なメディア情報など無い」ということで、マスコミが標榜する公正中立など、原理的に不可能であることを端的に教えてくれる表現です。

今までは、マスコミの正当性と権威性が疑われることは少なかったようですが、インターネットというオルタナティブ・メディアが一般化しつつある以上、マスコミは「極端に声(発信力)の大きい一市民」程度に捉えるのが実態に近いと思います。

マスコミと人々の間にあるのは、発信力の差であって、認識力の差ではない。
であれば、マスコミの認識の全ては、普通の人々のそれと同様に「必要か否か」という価値軸に沿って”認識力”が評価される土俵に引きずり出されるのは必然ではないかと思います。


三宅秀和 
スポンサーサイト



にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ

○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://gensenkeijiban1.blog.fc2.com/tb.php/73-350756db