FC2ブログ

理解されない福島の怒り誰も伝えない被災地の「マスコミ不信」①

Posted by ななし on 17.2015 記事 0 comments 0 trackback
現地の実態の情報を伝えない、また伝える時はあらかじめストーリーが用意されている。このことに現地の住民は極度の「マスコミ不信」に陥っている。マスコミが被災者を苦しめている実態を紹介します。

阿修羅『理解されない福島の怒り誰も伝えない被災地の「マスコミ不信」
』リンクより転載します。
---------------------------------------------------------
福島県南相馬市からの報告を続けよう。福島第一原発から20キロ、30キロの線で市域が3つに分断されてしまった街である。

 「地震・津波」と「原発災害」の2つの被災地(死者・行方不明者は福島県で最多)であるこの街を訪れるにあたって、聞いておきたいことがあった。東京その他の全国で流れているマスコミの報道について、地元の人たちがどう思っているかである。そして、「東京」を筆頭とする他の地域の人々が「被災地」「被災者」に向ける視線についてどう思うか、である。

 私がびっくりしたのは、南相馬市の市役所を取材に訪れた時だ。取材が終わり、担当の男性職員と軽い雑談になったときだ。

 「NHKも朝日新聞も(南相馬市から)撤退してしまった。こないだ朝日はファクスで取材の問い合わせ来てたよね? あれどこだった?(福島市の電話番号だと同僚が言う)ほら、福島市ですよ。福島市から電話とファクスで取材してくるんだよなあ」

 福島市は南相馬市から山を越えて車で1時間半ほどかかる。福島第一原発からは50キロ以上離れている。

 「記者は会社の規則で原発から50キロ以内に入っちゃいけないっていうじゃないですか」

 男性職員は苦笑した。

 「私ら、ここに暮らしているんですよ」

 南相馬市の3分の2は市民が暮らしている。30キロラインから外はまったく平常通りだ。私自身がその南相馬市に立ってみると、「50キロより外」に退避してしまったマスコミ企業は、残念ながら間抜けなほどの「腰抜け」に見える。

 「あんたら、それでもジャーナリストなの?って言いたい。こんな大事件、逆にチャンスじゃないの?」

 私の経験では、市役所職員のように記者と日常的に接している仕事の人たちは、大手報道企業のことを悪く言うことはめったにない。慎重な人たちだ。だから、この男性職員の怒気のこもった言葉には余計にぎょっとするのだ。

 職員は横の女性職員を見た。

 「もうね、彼女なんかすっかり『マスコミ不信』だよ」

 彼らの言葉を「過剰反応」と言うことはできない。同市から記者は撤退した。トラック輸送も止まった。新聞すら届かないのだ。「見捨てられた」と市民たちが怒るのも無理はない(「福島民友」「福島民報」の地元紙はコンビニまでは届く)。

「東京の背広の連中は分かってない」
 「この街の光景は異常でしょ? 店もやってないんですよ。放射能が降り注いでいる危険な場所に、みんな仕方なく暮らしている。異常ですよ」

 そう怒りを表明していたのは、木幡竜一さん(47)である。経営している土木工事会社が、政府が決めた20キロラインの内側(立ち入り禁止区域)に入ってしまったため、会社に近寄れなくなってしまった(自宅は外側)。ダンプ、パワーショベルといった「商売道具」が使えないのはもちろん、工事の注文のファクスが入っても受け取れない。そんな話を以前書いた(「政府の避難計画は机上の空論だ、放射線量は高くないのに南相馬はゴーストタウン」)。

 「こんな異常な話はない。全国に知らせてくれ、と地元のテレビ局に電話したんだ。なのに、まったく報道されない。どうなっているんですか」

 木幡さんに問われた私は答えに窮した。被災地が多すぎて手が回らないんじゃないでしょうかと言うと、木幡さんはやんわりと否定した。

 「原発から40キロだかのラインからは、マスコミは会社の規制で入って来ないんだっていうじゃないですか。ふざけた話ですよ」

 「警視庁の(行方不明者の)捜索とか、テレビ局が来たからやっているのを、全国に見せているだけだ。あんなものを流してもしょうがないでしょう」

 南相馬市に先立って訪れた岩手県野田村でも、よく似た怒りの声を聞いた。人口4650人の小さな漁村で、死者37人、全半壊450棟と、壊滅的な被害を受けたのに、村人の苦境について報道は一向に関心を向けない。地元紙すら取材に来ない。「官僚といいマスコミといい、東京の背広の連中は分かってない」と村人たちは怒っていた。

 自分たちが苦しんでいるのに、忘れられている、無視されているという思いほどつらいものはない。

 木幡さんが特に憤ったのは、福島から他県に避難した子どもが「放射能がうつる」といじめに遭ったという話だ。

 「ここ(福島県)で発電した電気を40年使って、関東はあそこまで発展したんじゃないですか。それなのに、私たちをバイキンのように扱っている」

 木幡さんはため息をついた。「もう、電気なんか送りたくない」

マスコミの取材はストーリーが決められている
 「『苦境でも泣き言をいわないがまん強い東北人』とか聞くたびにバカヤローと叫びたくなります」

 同市で衣類のクリーニング会社を経営する高橋美加子さん(63)は言う。

 「黙っているのは、言葉にできないくらい悲しくて悔しいからですよ。言葉にならないくらい現実が重いんです。だから黙っている」

 高橋さんは、身の回りの苦境を外に知らせようと電子メールを丁寧に綴っては発信した(高橋さんのメッセージ)。それが転送に転送を重ね、ツイッターでも流れて耳目を引いた。私もそれをきっかけに高橋さんに連絡を取った。

 が、高橋さんは最初ためらった。あちこちマスコミの取材があったが、どうも違和感が消えないのだそうだ。「マスコミは最初からストーリーを決めて取材に来て、それに合うように話を当てはめるから」と言った。

 どんなストーリーですか、と聞くと、「元気で復興に頑張っている」という図式だということが分かってきた。

 「『がんばっている』でなければ『国の政策の矛盾にあえいでいる』『悩んでいる』『苦しんでいる』ですね。あるいは『かわいそうな人たち』『気の毒な人たち』でしょうか。そういうふうに扱われるのがいやなんです」

 「丁寧に語っても、話に合わせるために全部削られたこともある。これが言いたかったのに、という話が落ちているんです」

 高橋さんの部屋には、すり減った洗濯板が掲げられている。高橋さんの父が使った洗濯板だ。1948年にサハリンから引き揚げてきて、その洗濯板1枚で商売を始めた。高橋さんが商売を継いで、南相馬市周辺に6店舗を構えるようになった。その会社も、追い詰められている。従業員の安全が確保できない。住民が逃げ出してしまってお客が減っている。外に出ることができない。生活がすべて破壊された。
-----------------------------------------------------------
続く
スポンサーサイト



にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ

○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://gensenkeijiban1.blog.fc2.com/tb.php/619-5ed2ead0