FC2ブログ

福島原発の汚染水を海に放出したのは米国の命令だったと暴露された

Posted by ななし on 03.2015 記事 0 comments 0 trackback
福島原発の汚染水を海に放出したのは米国の命令だったことがメディアで暴露されていました。もう慣らされてしまったのか、すごいニュースのはずなのにあまり驚けませんでした。

●『内閣官房参与、汚染水放出「米の要請」』(TBS News)より
----------------------------------------------------------------
「汚染水の処理の問題では、韓国の方々にも大変なご迷惑をおかけして、通告が遅かったと。一応、ご理解いただきたいのは、流された(汚染)水は非常に低濃度で、量も少なくて、あれはアメリカ政府からの強い要請で流れたんですけども・・・」(内閣官房参与・平田オリザ氏)

 ~中略~

「アメリカ政府からの強い要請」によって汚染水が放出されたとする平田氏の発言は、日本政府が主体的な判断をしていなかったともとられかねないもので、今後、論議を呼びそうです。汚染水の海への放出をめぐっては、韓国や中国など近隣国が「事前に知らされていなかった」などと反発していました。(17日23:57)
----------------------------------------------------------------

●『“緊急配信!汚染水を海に放出したのは米国の命令だったと暴露した平田オリザ”』(天木直人のブログ)リンクより
----------------------------------------------------------------
 ~前略~

私は早朝からテレビの政治報道番組を見ている。たったいま(2011年5月18日午前5時45分頃)TBSの「みのもんたの朝ズバッ」で次のようなニュースが女性アナウンサーから淡々と読み上げられた。

平田オリザという内閣官房参与が、講演かなにかの機会に明らかにしたという。放射能汚染水を海に放出したのは米国の強い要求があったからだ、と。

さすがの私もこのニュースには驚いた。しかし私がもっと驚いたのは、こんな重大なニュースが女性アナウンサーの一言で済まされたという事である。みのもんたも、解説委員も、なにもコメントすることなくコマーシャルに移って、それっきりで終わってしまった。

あの時、私は緊急非難をメルマガやブログで発信した。

放射能被曝の恐ろしさを世界ではじめて経験した唯一の被曝国が世界
に理由も明らかにせず、いや国民に説明なく、いきなり海に放射線汚染
水を流すなどということがありうるだろうか。

これは日本の歴史に永久に消えることのない汚点を残すことになる。後に続く世代に言い訳が立たない。それほどの由々しい政治決断である。

好くなくとも、そうしないと爆発を起こすとか日本が沈没するといった説明でもないかぎり到底容認できる政治決定ではない。

菅首相はその決断の理由を自ら説明せよ。さもなければ総辞職せよ。そう私はあの時緊急非難した。

ところが今頃になってそれが米国の命令で行なったと内閣官房参与が明かしたのである。

 ~後略~
----------------------------------------------------------------

●『“ユダヤ米国:「海底核爆発による海水汚染を誤魔化すため、原発の汚染水を海に流せ!命令だ。」”』(richardkoshimizu's blog)




猛獣王S
スポンサーサイト



にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ

○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://gensenkeijiban1.blog.fc2.com/tb.php/605-2bad543a