FC2ブログ

消費税は長年に渡って財務省主導で大規模な工作が行われてきた

Posted by ななし on 06.2014 記事 4 comments 0 trackback
『消費税は長年に渡って、財務省主導で大規模な工作が行われてきた』(トルシエの世界)より転載します。
----------------------------------------------------------------
(植草一秀氏の『知られざる真実ー勾留地にてー』より引用)

 ~~ 中略 ~~

「TPR」は大プロジェクトだった。政界、財界、学界の3000人リストが作成された。世論に影響を与える人を網羅した。人名の横に空欄のマス目が並んだ分厚い資料が作成された。3000人に大蔵省職員が説得工作した。資料に日時、担当官、結果が記入された。成功印が記入されると工作は終了した。不調の場合は上位の職員が対応する。成功印がつくまで繰り返された。3000人の更新作業が連日連夜に及んだ。

説得されない人物はブラック・リストに移された。工作には事務次官も加わった。「TPRウィークリー」も作成された。1週間の動きが報告された。週刊誌記事、テレビ発言、講演発言などがすべて検閲の対象になった。大蔵省職員が部外者と接触すると「応接録」が作成される。日時、場所、相手、応対者、接触方法、内容がメモにされて直ちに関連部局に配布される。電話での話も1時間後には関連部局の関係者に知られる。

メディア幹部には特別の対応がなされた。全国紙やテレビキー局幹部を集めた接待を繰り返し、主要出版社へも特別の働きかけをした。財政制度等審議会や政府税調調査会委員に全国紙、テレビキー局幹部が組み入れられている。利用価値が相互にある。癒着は解消されていない。  ※注)TPR=税(TAX)のPRのこと

(引用終わり)


(僕の独り言)

このように、消費税は長年に渡って、財務省主導で大規模な工作が行われてきた。

財務省とはいえ、ただの一公務員組織がリストまで作って世論工作を謀るというのは驚くべきことであるが、これは事実であり、いかに財務省というのは巨大な権力を持っているかがわかるだろう。

また、財務省の下部組織である国税局は裁量権が広く、彼らの胸先三寸で税額が決まってしまうと言われている。そうであればその彼らに圧力をかけられれば余程のことがないかぎり、刃向かうものなどいないはずだ。

だから、マスゴミも財務省の意向に沿うよう、財政危機だの、社会保障費が増大するだのと国民の不安を煽って、消費税は上げなければならないものとして、繰り返し繰り返し報道するわけだ。

しかし、税には、累進課税の強化や相続税、法人税、宗教、資産課税、…など、その他にもいろいろあるはずなのに、特権階級(官僚、マスゴミ、富裕層、外資(米国))が負担を強いられるようなことは決して報道しない。かつて「ウソも百回言えば本当になる」とヒトラーの宣伝大臣は言っていたが、今ではそのマスゴミの刷り込みが功を奏し、いずれは消費税は上げなければならないものとして、多くの国民が思い込んでしまっているのが現状である。

しかし、何度も言うが、消費税とは富裕層がそれ相応の税負担をしたくないがために、庶民に代わりに負担させるための税であり、中間層以下は収入のほとんどを消費に使ってしまうが、富裕層はそんなことはなく、庶民は消費税率が上がった分だけ負担がそのまま直撃してしまう、逆進性の高い税である。消費税が公平な税負担であるというのは金持ちの論理でしかない、インチキだ。

だいたいにして、消費税は0→3%→5%と上げられてきたが、その度に、福祉目的に使うなどと彼ら特権階級どもは言ってきたが、実際は、法人税を下げるため、所得税の最高税率を下げるために使われてきただけにすぎない。今回も消費税の大増税と法人税の大減税はセットとなっており、財政規律はもちろん、福祉や年金、雇用のためには使われないのだ。

もういいかげん、騙されるのはやめよう。いつまでお人好しの日本人でいるのだ!

彼ら特権階級(官僚、財界、外資(米国))は「下々は生かさず殺さず」の精神で、我々からいかにして金を巻き上げようかと虎視眈々と機会をうかがっている。彼らにとって、税金とは使うため(貰うため)にあるのであって、払うのは我々国民なのだ。

 ~後略~
----------------------------------------------------------------

 
猛獣王S
スポンサーサイト



にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ

○ Comment

特攻で死んでいった若者達がいたことを覚えておいてほしい─特攻 最後のインタビュー3
http://youtu.be/ZeyqazoGL78
(動画)

【関連情報】
KAMIKAZE 桜花 BAKA BOMB
( http://www.aixin.jp/axbbs/ktr/kkg.cgi%3CBR%3E#5月6日_14時59分04秒 )

 桜花の登場により日本の青年一人の命と米艦一隻が消えていく苦境に追
い込まれた国連軍主力部隊のアメリカ海軍は特攻を受けても眼を覚まさず、
講和の代わりに原爆投下という常軌を逸した民間殺戮で戦争を終結させた。 嘘の勝利に酔いしれた支那朝鮮だけが、70年を経った未だに狂った幻覚
を見続けているのである。

注)アメリカ海軍は桜花の事をバカ爆弾と言って恐れた。

詳細は
神 風 軍 団
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr/kkg.cgi
2014.07.07 21:35 | URL | 愛信 #JyN/eAqk [edit]
在日朝鮮人の正体は、被差別地域「全羅道」「済州島」の、被差別身分「ペクチョン」です。
https://twitter.com/snakeeater1941/status/486171700988350464/photo/1

【関連情報】
【拡散・反日】7月1日 国防動員法 ビザ緩和 同時施行(支那が急増中)
http://www.youtube.com/watch?v=rDbwZN_rzj0
【敵と戦う覚悟がありますか?】
( http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4_13.cgi#5月2日_17時04分42秒 )

 これらの事は支那朝鮮に支配された反日売国テレビ局・マスコミは報道
しない自由を行使(隠蔽報道)して日本国民には知らしていません。
 嘘も100回言えば本当に成ると信じて、息を吐く様に嘘を吐く支那朝
鮮資質は安倍内閣と創価学会公明党です。 来年の7月までに様々な衝突
が起こり、日本国民の安心・安全で自由な社会が崩壊する恐れがあります。  反日売国テレビ・マスコミの報道を鵜呑みにしないで自分の目と耳で確
かめましょう。
詳細は
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。
2014.07.08 03:32 | URL | 愛信 #JyN/eAqk [edit]
不正選挙確定!逮捕だ!!
https://twitter.com/nisi_sin/status/439350954551291904/photo/1

【関連情報】
東京都知事選挙の有権者数が不一致
( http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi#2月12日_21時17分21秒 )

選挙に関連する不正操作が次々に露呈してきている、参議院、衆議院や東
京都知事に都議会議員選挙などの選挙で創価学会公明党の議席が安定的に確
保されているカラクリが得票数の改竄である事が分かって来た、私は選挙の
たびに安倍総理が公明党といっしょにとやっていくと叫んでいる事が腑に落
ちないと思っていた。 ここで明かになって来た開票結果が捏造された数字
であり投票日の前からあらかじめ決めてあった投票率と得票数を発表してき
たのである。 公職選挙法では選挙管理委員会は投票券を次ぎの選挙まで保
管管理する義務があるので、東京都民有権者の発意により開票集計をやり直
すことは出来ないものだろうが。
 東京都知事選挙で舛添候補の応援演説を行なった安倍総理は創価学会公明
党のイカサマを承知していたのだと確信する事が出来た。

詳細は
【新党勝手連の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr/ktr.cgi
【新党勝手連タイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。
2014.07.08 16:24 | URL | 愛信 #JyN/eAqk [edit]
LINEについては犬HKが一番の元凶
https://twitter.com/ayarin14/status/479168234373906432/photo/1

 韓国の国家情報院が「LINE」を傍受している事が暴露されて多くの政党
や機関が使用を中止したが、創価学会公明党は使い続けている、この事が日
本の情報を韓国の国家情報院へ漏洩させている証拠になる。
 日本国民の資産情報、個人情報を管理するマイナンバー法案で「LINE」
を使うことに反対する運動が必要です。
 最近の報道では個人の銀行口座の入出金の金額もマイナンバー法案のシス
テムで管理するそうです。

詳細は
【情報・通信の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/jht/jht.cgi
2014.07.08 20:24 | URL | 愛信 #JyN/eAqk [edit]

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://gensenkeijiban1.blog.fc2.com/tb.php/382-5df022d4