FC2ブログ

イタリアも引きこもり、オタク、日本の90年代の様相

Posted by ななし on 19.2014 記事 1 comments 0 trackback
>社会不全と社会収束は、既に’90年頃から強まって上記現象を顕在化させている。ただ私権観念によって不全捨象・社会捨象しているので、意識上には顕在化しなかっただけである。
>又それ故に、’90年代は潜在思念の源泉部が私権不全と社会不全の間で混濁しており、従って疲労⇒癒し欠乏や個室収束が強かったのである。
>’00年、私権観念が瓦解したことによって、一気に社会収束⇒認識収束が強まって答え欠乏が意識上に半顕在化すると共に、潜在思念の源泉がほぼ社会不全に一元化され、それに伴って解脱生活の衰退が顕著になり、個室生活も急速に色褪せてきた。

日本の90年代の様相がイタリアで顕在化した事例が最近出ていたので興味を感じた。
私権観念のはびこるヨーロッパにあっても、イタリアではユーロに組み入れられ、いまや所得水準では日本と同レベルになり、かってほどの貧富の差も解消されてきており、私権観念も衰弱してきているのであろうと想像できる出来事として見て取れる現象である。

日本だけが抜け出ていた私権社会の崩壊があり、まさに潜在思念の源泉部が私権不全と社会不全が混濁している状態であろう。
オタクの多いのもイタリアの特徴であり、ヨーロッパが10年遅れてやってきた。

>イタリアの有力紙「コリエレ・デラ・セラ」が同国で目立つ「引きこもり」を特集した。相談に来る親が急増しているという精神科医らの証言を基に、原因を探っている。

>記事(11日付)は「イタリアの引きこもり(hikikomori)、東京のよう、何年も孤立する少年たち」と題され、社会面に大きく掲載された。刀を持った日本人の少年が乱雑な部屋でくつろぐ姿をイメージ写真として使っている。

>ミラノ発の記事で、「昼は寝て、夜に冷蔵庫をあさり、インターネットと漫画だけの生活」、「過去半年、親に話したのは『ほっといてくれ』の一言」と約10人の事例を紹介。相談を受ける複数の精神科医が「100万人を数える日本ほどではないが、外のひどい世界から逃れ、閉じこもる子が多い」、「頭が良く創造性があるが内向的な10代に多い」と特徴をまとめている。著名な精神分析医が「私が知る事例では、過去2年で5倍に増えた」とその広がりを強調する。

>要因としては「母親との密着や過保護が、自己愛の強い、もろい子にしてしまっている」、「日本では厳しい学校制度、親の過剰な期待が一因だが、イタリアでは学校で(友達)グループとの関係を築けない子の逃避が多い」などとまとめている。対策として「子が小さい時から、共によく遊び、一緒にいて、時に外に一人で出し、自己評価の高い子に育てなければならない」と結んでいる。

 
井上光利 
スポンサーサイト



にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ

○ Comment

『5分でわかる!』沖縄から米軍基地が無くなったらどうなるか?
http://youtu.be/MSZTm7irs4s
(動画)

末松文信を市長に

今まで沖縄に中国の軍事的脅威が及ばなかったのは、米軍基地があったからだ。
基地があるから危険なのではない。
基地があるから守られてきたのだ。

 只今行われる東京都知事選挙で反日売国テレビ局・
マスコミや日本人社会の破壊者創価学会公明党が推
薦している候補者が沖縄の米軍基地やオスプレに反
対している勢力である事は明白です。 日本人社会を
破壊して支那朝鮮による日本民族の奴隷化を目的とし
た日本侵略を進めている者達です。 この様な者達が
東京や日本に居る事を特になんとも思わない人々は、
今までに反日売国テレビ局・マスコミの進めてきた自
虐史観で洗脳されてしまっているのです。 これは何ひ
とつ日本のためには成らないのです。  洗脳から目
覚めましょう、反日売国勢力の支那朝鮮を追い出して
そして毅然とした日本人の心を取り戻しましょう。

詳細は
【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。 
2014.01.19 16:22 | URL | 愛信 #JyN/eAqk [edit]

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://gensenkeijiban1.blog.fc2.com/tb.php/298-905e707e