FC2ブログ

批判することが存在意義だから

Posted by ななし on 17.2013 記事 0 comments 0 trackback
マスコミは昔から「何かを批判することが存在意義」だったと聞いたことがあります。

序列が強固だった時代は、政治家や資本家を批判する反序列のスタンスでそれなりに、みなの支持を得ていた。

でも序列が衰弱して、むしろみんなの意識としては、批判するだけ・要求するだけでは何も始まらないと感じている。

そんな中、「批判することが存在意義」のマスコミは必然的に、声の大きい“一部”の要求派を擁護することしか出来なくなった。

ということではないでしょうか。

西知子
スポンサーサイト



にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ

○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://gensenkeijiban1.blog.fc2.com/tb.php/236-7f8d720d