FC2ブログ

なんか、意味ない感じ ~テレビについて~

Posted by ななし on 03.2013 記事 0 comments 0 trackback
ここ半年くらい、妻が盛んに「テレビってホントつまんなくなったよねぇ~」と言うようになった。
最近では、朝の時計代わりにテレビをつける程度。帰宅してからはほとんど見ていないという。
僕が「テレビってつまんないでしょ?」とか「マスコミ支配されるから見ちゃだめ。」などと扇動しているわけではない。自然にそうなったらしい。

彼女にその理由を聞いてみたところ、しばらく考えて「なんか、意味ない感じ。」と出てきた。特にバラエティ番組は「意味がない」という。
「ニュースとか意味ありそうな番組はあるよ。」と切り返すと「う~ん、あんまり興味ないし、ニュースなら会社で(ネットで)見るし、(ニュースについても)ブログで色々なことを言っているのを見ている方が楽しい。」とのこと。
「テレビのニュースを信頼してないの?」という問いには「そうではないけれど、色々な人の話が聞きたい」という趣旨の返答が返ってきた。

僕の妻は、どこにでもいる普通の30代の女性。賢いタイプではない。どちらかというと感覚主導で生きてきたタイプ。
だから妻と話していると、これが現在の普通の人たちの感覚なのかなぁ、とたまに思うことがある。

マスコミに支配されている自覚はない(妻は911選挙のときは面白がってTVを見て「やっぱり自民党だよね!」としっかり支配されていた)。
でも「なんか、意味ない」と感じる。
マスコミに対する違和感や不信感が顕在化して強く拒んでいるわけではない。
でも、なんとなく他の発信源(ブログ等)の方が「皆がいて楽しそう」と別の可能性にシフトしていっている。
そして、結果として、マスコミ離れしている。

>従って、マスコミが社会・政治色を強めれば強めるほど、不信感・違和感が増大していき、どんどんテレビから離れていく!

多くの人の潜在思念は、マスコミとの価値対立⇒拒否というよりも、可能性のある方にアンテナが向かっていっている傾向が強いように思う。
ただ、テレビには可能性がないと見限った背景には、潜在思念が価値対立を忌避することを選んだ、ということがあるのかもしれない。
いずれにしても、見限られた以上、テレビ離れは進んでいくだろう。

不満や否定発信をタブー視する現在にあって、僕達は可能性を発信すべきだと思う。
「~~だから、マスコミはダメ」でなく、「テレビもマスコミも意味ないって思うでしょ?だったらこっちだよ。」という具合で。

 
多田奨 
スポンサーサイト



にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ

○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://gensenkeijiban1.blog.fc2.com/tb.php/229-c16f2c55