FC2ブログ

コロナ詐欺~ご本尊はインフルエンザであり、その状況下で60GHz(5G)を発射すればO2欠乏の肺疾患で即死、あるいは重症化する

Posted by ななし on 25.2020 記事 0 comments 0 trackback
今回のコロナ騒動を簡単にまとめると、
計画は次のように見えます:
5Gを世界中に展開、一方で同時に「感染拡大するコロナウイルス」に関係する病気に大騒ぎし、ビルゲイツ提供の必須ワクチンでさらに多くの人々を殺す

5Gとパンデミックは共存しています、5Gは酸素欠乏を起こします、そもそも歩いている人が突然倒れるなどウィルスではあり得ません、クルーズ船は最新の衛星通信を備えていました

60GHzのミリ波周波数では、吸収が非常に高く、送信されたエネルギーの98%が大気中の酸素に吸収されます。60GHzでの酸素吸収はレンジを厳しく制限しますが、同じ周波数の端末間の干渉も排除します。

今から、19年前ゆえ、
この60GHzをコロナと併用する気があったのか不明ながら、
当初の目的は、通信の精度向上を目指していた、
ところが、(60GHzの)相手側のO2はこの干渉により、
電子スピンが変えられ、本来のO2でなくなる現象が起こる、
これで、呼吸不全、肺疾患となる、(コロナ肺炎となる、)

5G基地局は中国全体では13万基の展開、
昨10月から試験運用を開始した武漢では1万基が展開され、
日常的に60GHzに晒された環境だった

最強タッグ、5G(リンク)とコロナで見た通り、コロナウィルスは、
特定の電波/ケムトレイル/接種後のワクチン成分で重症化する、
(武漢では、加えて、大気/水/土地の汚染もこれに貢献、)
と言うかそのように見える、

結論として言えるのは、中国での5Gの軍事展開開始決定により、バイオエンジニアリングコロナウイルスパンデミックは、世界中で急速に拡大する5G網が引き起こすさまざまな症状、医学的疾患、健康状態をカバーするために密かに広まっていると言うことです。

コロナウィルスの話題ばかり広まっているけど、
その背後にO2を破壊する60GHzを擁する5Gありだ!

COVID-19と言うウィルスは存在しない、

コロナウィルスサイプ(詐欺)
ご本尊はインフルエンザであり、
その状況下で、60GHz(5G)を発射すれば、
O2欠乏の肺疾患で即死、あるいは重症化する、
それをコロナだ、コロナだ、と騒ぐのである、

そもそも、
50Hzの電磁界への曝露は、ウィルスの活性化を誘導、
EBVゲノムに潜在的に感染したヒトリンパ系細胞株であるAkata細胞を50Hz EMFに曝露すると、ウイルス初期抗原を発現する細胞の数が増加しました。 この発見は、DNAが磁場によって変調されるという追加の証拠を提供します。

50Hzと言う低周波でも、体内のウィルスを活性化するわけで、
(逆な見方で、体内の免疫が低下する、)
5G以前の問題として、あらゆる電磁波から離れていたいところ

今回のコロナ騒動を簡単にまとめると、
計画は次のように見えます:
5Gを世界中に展開、一方で同時に「感染拡大するコロナウイルス」に関係する病気に大騒ぎし、ビルゲイツ提供の必須ワクチンでさらに多くの人々を殺す

5Gとパンデミックは共存しています、5Gは酸素欠乏を起こします、そもそも歩いている人が突然倒れるなどウィルスではあり得ません、クルーズ船は最新の衛星通信を備えていました

60GHzのミリ波周波数では、吸収が非常に高く、送信されたエネルギーの98%が大気中の酸素に吸収されます。60GHzでの酸素吸収はレンジを厳しく制限しますが、同じ周波数の端末間の干渉も排除します。

今から、19年前ゆえ、
この60GHzをコロナと併用する気があったのか不明ながら、
当初の目的は、通信の精度向上を目指していた、
ところが、(60GHzの)相手側のO2はこの干渉により、
電子スピンが変えられ、本来のO2でなくなる現象が起こる、
これで、呼吸不全、肺疾患となる、(コロナ肺炎となる、)

5G基地局は中国全体では13万基の展開、
昨10月から試験運用を開始した武漢では1万基が展開され、
日常的に60GHzに晒された環境だった

最強タッグ、5G(リンク)とコロナで見た通り、コロナウィルスは、
特定の電波/ケムトレイル/接種後のワクチン成分で重症化する、
(武漢では、加えて、大気/水/土地の汚染もこれに貢献、)
と言うかそのように見える、

結論として言えるのは、中国での5Gの軍事展開開始決定により、バイオエンジニアリングコロナウイルスパンデミックは、世界中で急速に拡大する5G網が引き起こすさまざまな症状、医学的疾患、健康状態をカバーするために密かに広まっていると言うことです。

コロナウィルスの話題ばかり広まっているけど、
その背後にO2を破壊する60GHzを擁する5Gありだ!

COVID-19と言うウィルスは存在しない、

コロナウィルスサイプ(詐欺)
ご本尊はインフルエンザであり、
その状況下で、60GHz(5G)を発射すれば、
O2欠乏の肺疾患で即死、あるいは重症化する、
それをコロナだ、コロナだ、と騒ぐのである、

そもそも、
50Hzの電磁界への曝露は、ウィルスの活性化を誘導、
EBVゲノムに潜在的に感染したヒトリンパ系細胞株であるAkata細胞を50Hz EMFに曝露すると、ウイルス初期抗原を発現する細胞の数が増加しました。 この発見は、DNAが磁場によって変調されるという追加の証拠を提供します。

50Hzと言う低周波でも、体内のウィルスを活性化するわけで、
(逆な見方で、体内の免疫が低下する、)
5G以前の問題として、あらゆる電磁波から離れていたいところ

宮田一郎
スポンサーサイト



にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ

○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://gensenkeijiban1.blog.fc2.com/tb.php/1391-7d4343f9