FC2ブログ

「やりたいことがわからない」それは最高の言い訳だった

Posted by ななし on 21.2018 記事 0 comments 0 trackback
「やりたいことがわからない」それは行動していない(挑戦していない)最高の言い訳だった。
どんなことにも挑戦し、「だめだったら次、まただめだったら次と」どんどん挑戦していく。その中で道は開けていくのではないか。
行動してゆくことは、それは常に挑戦し続けるってことではことではないだろうか

何気ない日々から学びを受け取るブログより以下引用です
リンク

本当にここ最近はつまらないことで病んでいました。
「やりたいことがわからない」と言い続けていた僕に友達が言ったこと。
そんな最近のある日、お金もないのに友達とご飯に行っていろいろ遊びに行きました。
その帰りの電車のこと、最近悩みまくってる僕にこれから将来どうすんの??と聞かれた。
やりたいことがわからない。
そんな友達は僕に
「お前もっと現実見ろよ」
と言った。
それを聞いた僕は最初かなりイラっとした。

いままで悩んでいる割に一回生のころから学生団体も1年以上営業をしてがんばっていたし、なによりどんなこともがんばってきたつもりだった。
でも話し反論しているうちに友達の言っていることも正論だと思った。
でも僕はやりたいことや本気で打ち込めるものを探したかった。
「あー甘い甘い」
彼はどちらかというと現実主義。
「多分お前はまだまだ子供やねん。大人になれよ。」
「別にやりたいことさがしたらええけど、将来大人になって家族持つわけやろ?そんなうだうだゆってても育ててくれた親にも迷惑かけるだけやで。大人になれって。」
友達はそう言った。

「やりたいことがわからない」それは最高の言い訳だった。
最初は本当に自分を否定された感じでイラッとしたけど、友達ははっきりと向き合って言ってくれた。

そして僕はいままで「やりたいことがわからない」ことを言い訳にどこかで逃げていて、目の前のことを本気で取り組めていなかったのだと思った。
中略

ソフトバンクの社長である孫正義は、志、情熱、ビジョンを持つことが重要だと言っていた。
お金をもらうために会社にいってたら人生あっという終わるよ。と
それは現実をしっかり受け止めて、それでも志高く進んで行くべきと。
スティーブジョブズは言っていた。
素晴らしい仕事をするには、自分のやっていることを好きにならなくてはいけない。まだそれを見つけていないのなら、探すのをやめてはいけない。

ゴールドマンサックスを退社し、自分のやりたいことを追い求めた仲 暁子さん。彼女もやりたいことがなかったというがどんなことにも挑戦し、「だめだったら次、まただめだったら次と」どんどん挑戦し、「シゴトでココロオドル人をふやす」というミッションを掲げwantedlyを起業し成功した。

僕に必要なのは目の前のことに本気で挑戦すること。
もちろんこんな人たちのように才能があるわけでもないし、努力できないバカだからこそ、理想だけを追い求めず、現実を受け止めた上で逃げずに努力するしかない。
引用終わり




志水満
スポンサーサイト
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ

○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://gensenkeijiban1.blog.fc2.com/tb.php/1313-e8fe2f16