FC2ブログ

就職観の1位は前年同様「楽しく働きたい」、2位「個人の生活と仕事を両立させたい」が 5年連続の増加(P3)

Posted by ななし on 10.2018 記事 0 comments 0 trackback
リンク

■就職観の1位は前年同様「楽しく働きたい」、2位「個人の生活と仕事を両立させたい」か5年連続の増加(P3)
学生の就職観を全体て見ると1位は前年同様「楽しく働きたい」(29.7%、対前年0.2pt減)て、この十数年変わらすトッフて全体て見るとほほ前年並みただが、、理系(男子/女子)は減少している。2位の「個人の生活と仕事を両立させたい」 (26.2%、対前年1.7pt増)は、13年卒調査から数えて5年連続て増加傾向にあり、特に理系女子ては「楽しく働きたい」を抜 いて1位になった。「ワークライフハランス」という言葉の浸透に伴い、仕事と私生活の両立か就職観としてより重視されるよ うになってきていると考えられる。3位の「人のためになる仕事をしたい」(16.1%、対前年1.6pt減)は前年より減少した。

■大手企業志向は前年よりさらに上昇、理系男子ては全体の6割か大手企業志向と回答(P5)
大手企業志向(「絶対に大手企業かいい」+「自分のやりたい仕事かてきるのてあれは大手企業かよい」の合計)につい ては、前年を4.4pt上回る52.8%と、10年卒以来8年ふりに過半数となった。また、理系男子は前年比7.5pt増の60.0%と大き く増加した。18年卒は就職活動スケシュールか17年卒と同してあることて先輩の経験談を活用しやすいことや、ここ数年の 人手不足の現状 -学生にとって売り手市場- を受けて、より規模の大きな企業を目指して活動を始めたようた。この大 手企業志向は、文理男女て分けた場合にも同様て、全体・文理男女の4分類ともに、2年連続の増加となった。国公立・私 立/文系・理系の分類を、さらに男女/地域て分類したところ、ほとんとの分類て大手企業志向の上昇か見られ、特に関東 の「国公立理系(男女とも)」「私立理系(男子)」は、前年より10pt以上の上昇かあった。

■企業選択のホイントは、「自分のやりたい仕事(職種)かてきる会社」か上位なから微減、 「安定している会社」 か前年よりさらに増加(P6)
企業選択のホイントては、「自分のやりたい仕事(職種)かてきる会社(38.1%、対前年0.3pt減)」「働きかいのある会社 (15.1%、対前年比0.9pt減)」かそれそれ5年連続て減少し、「安定している会社(30.7%、対前年比2.0pt増)」「給料の良い 会社(15.1%、対前年比2.3pt増)」かそれそれ2年連続て増加した。「自分のやりたい仕事(職種)かてきる会社」は、最も選 はれる項目てありなからも、01年卒調査以降、最も低い割合を更新し、「安定している会社」は、01年卒調査以来最も高い 割合を更新した。文理男女の4区分に分けると、文系男子ては「安定している会社」か「自分のやりたい仕事(職種)かてきる 会社」を初めて上回り、最も選はれている。また、文理ともに男子の「自分のやりたい仕事(職種)かある企業」の割合は、過 去最低となった。

■行きたくない会社は「暗い雰囲気の会社」か18年連続のトッフ、 残業や給料への関心は高まる傾向にある (P8)
行きたくない会社については、「暗い雰囲気の会社(33.9%、対前年2.1pt減)」か6年連続て減少傾向にあるものの、18年 連続の1位てある。2位以下も上位は前年同様の順位て大きな変化はない。ここ数年増加傾向にあるものは、「残業か多い 会社(14.5%、対前年2.1pt増)、「給料の安い会社(14.9%、対前年1.9pt増)」なとかある。文理男女て分けても残業と給料に ついては同様の傾向か見られ、ここ数年増加傾向にある。
■就職希望度は前年並み、9割近くの学生か「何が何ても就職したい」 (P10)
就職希望度については、「なにかなんても就職したい」は前年比0.4pt増の88.1%と、ほほ前年並みとなった。 文理男女の分類て見ると、「なにかなんても就職したい」と回答した割合はとの分類ても85%を超えており、就職に対する 意欲は例年通り高いといえる。就職しなかった場合の進路については、理系は男女とも「進学」か最も高いか、文系は男子 が「就職留年(27.4%、女子:13.3%)」、女子が「フリーター(29.4%、男子:16.0%)」と、男女て上位が分かれた。

■志望職種は「営業企画・営業部門」が8年連続の1位 文系女子では3年連続の増加 (P12)
志望職種については、「営業企画・営業部門(27.0%)」が前年比1.1pt減ながら、全体で8年連続の1位である。「営業企画・ 営業部門」の志望増加を文系の男女別に見ると、文系男子は前年より減少しているのに対して、文系女子は3年連続の増 加傾向にあるものの、全体の割合で見ると、文系女子の営業職志望割合はおよそ3割、文系男子はおよそ5割と差があ る。理系は男女ともに「研究・開発部門」が本年も前年同様最も高い。また、この割合は前年まで3年連続で減少していた が、本年増加に転じた。前述の大手企業志向の上昇と合わせて、学生の就職意識に変化が表れているといえる。




今井勝行 
スポンサーサイト
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ

○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://gensenkeijiban1.blog.fc2.com/tb.php/1311-91d711a0