社会人になって純粋に遊べなくなった【これでいいの20代?】

Posted by ななし on 09.2017 記事 0 comments 0 trackback

リンク
東京で就職したら人生は絶対に楽しくなると思った。なぜかというと、働いてる人は学生と違って遊べるお金があるし、東京には遊ぶ選択肢がたくさんある。

実際に社会人になってみたら、人生は思ったほど楽しくなかった。もちろん友だちと飲みに行ったり映画を見に行ったりしたけど、週末にしかできない家事もあったから映画館や美術館に思ったほど行けなかった。週末遊びすぎて疲れると、月曜から仕事がちゃんとできないから、飲み会のときは早めの時間に帰るようにした。二日酔いになったら大事な休日も無駄になるため、金・土は飲みすぎないように心がけた。

遊べるお金はあったけど、純粋に遊ぶことが難しくなった。

会社の同僚はどうなんだろう?人生を楽しんでいるのか?「週末をどう過ごしてますか?」と軽く聞いてみた。「疲れてるからあまり外に出かけない」。予想は的中、みんな休日を十分に楽しんでいなかたった。一番びっくりしたのは結婚して子供を持っていた人たちの回答だ。「そうね。最近友達たちに会ってないね」。家族を持ったら友達に会えなくなる?そんなのつまんない。その時の自分にとっては友達が何よりも大事な人間関係だったから信じられなかった。

社会人になって本当に自由に楽しく遊ぶことってないのか。

ある日、友達のちひろから連絡があった。今度東京に来るらしい。学生時代の昔話ができるちひろみたいな友達と一緒だったら休日も本当に楽しく遊べるはず、と思った。

ちひろは大学時代からの友人だ。私が大学の図書館で「相対性理論」というバンドを調べていたら隣に座っていたちひろにいきなり声をかけられた。

「相対性理論好きなんですか?」

ナンパかと思ったら彼が単純に相対性理論が好きで知ってる人に会うのが単に嬉しかっただけみたいだった。それがきっかけで友達になった。

ちひろは一見、典型的なオタクだった。スポーツが苦手、よく引きこもって本を読んだりしてた。普段は真面目な顔をして若干無愛想だったが、嬉しいとき歯を見せずに口の端を上げて目を輝かして笑った。そのときだけ、彼の静かな優しさが見えた。

私は東京に引っ越したけど、ちひろは映画研究をするために地元の大学院の人文社会科学研究科に進学した。アルバイトをして自分で学費を払っていたけど、まだ家族と一緒に狭いマンションに住んでいた。私が東京に引っ越して数カ月してからちひろはやっとなんとか東京に来るお金を貯めてフィンランドの伝説映画監督、アキ・カウリスマキ監督特集を見に来た。

ちひろは土曜日の午後にきて、一緒に「パラダイスの夕暮れ」を見に行った。終わったら、飲みに下北に向かった。電車の中でイヤホン半分こにしてフィッシュマンズを聞いた。渋谷で乗り換えて岡本太郎の「明日の神話」の前を通ったら、ちょうどフィッシュマンズの「土曜日の夜」が流れた。音楽と巨大の絵の破壊的な迫力で息が止まった。逆方向に歩いていた人たちにぶつからないように改札に急いだ。落ち着かない。明日、世界が滅びるかもしれないけど、今夜を楽しもう。





匿名希望
スポンサーサイト
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ

○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://gensenkeijiban1.blog.fc2.com/tb.php/1281-b0eb68da