スポンサーサイト

Posted by ななし on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ

3年で離職率3割は20年前から変わらない

Posted by ななし on 20.2017 記事 1 comments 0 trackback
20年前から離職率は変わらない。

人々の意識を受けて会社も体制を変えているのでしょうが、なかなか擦りあわない状況のようです。
会社と労働者という関係に普遍的な不整合があるとしか思えません。


若者が会社を辞める理由は? -ちなみに20年前から離職率は変わらない。
(リンク)より引用

---------------------以下引用---------------------
1.今の離職率と昔の離職率を比較してみた

今、若者の離職率が高いということで、なぜすぐに若者は会社を辞めるのか、などという論争はよくありますよね。そもそも離職率って昔はどうったんだろうと思って調べてみるとこんな興味深い記事がありました。


若者離職率は20年以上前から変わっていない
若者が就職して3年以内に離職することを指す「7・5・3」現象は、実は1990年代前半からともいわれる。昔は、精神的にはタフな若者が多かったものの、いま以上に就労環境が非常に過酷だったり、職選びのインフラが不十分だったりということもあって、離職率は今とあまり変わらない。しかしその質を考えれば、十分な就活インフラが整備された状況下での現在の高離職率には、深刻な問題が内包されている。景気低迷による求人数の低下はもちろん、行き過ぎた売り上げ至上主義による過酷なノルマ負荷。経費削減による人材育成の貧弱化など、である。ブラック企業はその象徴のように扱われているが、日本の将来を考えると、現状の若者離職率の高さは、企業の存亡危機の顕在化ともシンクロし、看過できない深刻な問題と捉える必要がある。

参考文献:瓦版

なんと若者の離職率は20年以上も前から変わっていないそうです。ちなみに上記文章は大卒3年以内の離職率データを元に書かれていました。なのでここでは若者の定義を大卒3年以内とします。現在、厚生労働省が出している資料(リンクを見てもやはりそうでした。20年以上前から若者の離職率は変わっていないというのは事実。20年前というと1996年です。大学卒業が23歳ぐらいなので、20年前に大学卒業した人は現在43歳。大卒3年以内と考えると43~45歳ぐらいということになります。「最近の若者は・・・」と言っている人も大卒3年以内に会社を辞めていた可能性が十分にあることが判明。

ただ参考文献の瓦版さんの記事の通りであれば、同じ離職率でもその質は変わってきているということらしいです。ただ参考文献は若者を批判するものではなく、環境があまりよくないという内容でまとまっています。「最近の若者は・・・」という人たちは何なんでしょうか。ちなみに僕は30超えているので、ここでの若者の定義には当てはまりませんし、おそらく一般的に言われる若者という枠にももう入らないのかと。。

参考までに各年代の大卒3年以内の離職率はこちら。近年、若者の離職率が下がってきている模様です。
1987年~1994年:24%~28%
1995年~2006年:32%~36%
2007年~2012年:29%~32%
*おおよその数値
(後略)
---------------------引用おわり---------------------



松下晃典 
スポンサーサイト
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ

○ Comment

このコメントは管理者の承認待ちです
2017.09.22 13:48 | | # [edit]

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://gensenkeijiban1.blog.fc2.com/tb.php/1279-e830755b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。