スポンサーサイト

Posted by ななし on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ

私権時代の解脱を知らない若者たち

Posted by ななし on 29.2017 記事 0 comments 0 trackback

>「こんなことやってていいのか?」と思ってしまう。<(145818)

70~80年代はそんなふうに思うことはなかった。仕事や学校をサボっていたら(規範破りだから)そう思うこともあったろうが、解脱で発散して逆に疲れが残ろうともそれでよかった。(現実に戻るときに「祭り」が終わるむなしさは感じていたものだが・・・)
いまや大人たちもそれでは充足できず、遊びやレジャーはどんどん小粒になっていった。

私権観念は残存しながらも既にリアリティーを失った時代に、今の若者は少年少女時代をすごしている。青年期になると私権観念すら崩壊してしまった。
私権時代の解脱様式をいくら真似てみても、心の奥では不全が膨張していくだけ。「こんなことやってていいのか?」は潜在思念と場とのギャップが生み出す思いである。

大人たちが相も変わらず古い解脱様式で、充足しきれない解脱をむさぼっている姿を、若者たちは冷ややかに見つめている。



やまと
スポンサーサイト
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ

○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://gensenkeijiban1.blog.fc2.com/tb.php/1274-33f3a458
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。