スポンサーサイト

Posted by ななし on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ

子どもの供給側が面白い!に同感!

Posted by ななし on 27.2017 記事 0 comments 0 trackback
先日、娘はNPO市川子ども文化ステーションが主催する『子どもがつくるまち・ミニいちかわ』というイベントに参加してきた。

イベントの内容は、公園で職業体験ができるというもの。
子供だましかな?と思いきやそうでもない。
なんと「職安」があって、入場した子供は、最初に「職安」に行って、働きたい仕事の職業カードをもらう。その次にお店に行って働く。10分働くと100メティというお金に換わる媒体がもらえる。銀行に行って働いた時間を申請するとメティが受け取れる。
そのメティで場内の食べ物や品物を買うことができるシステム。(ちなみに、たこやき1皿300メティ~30分でたこ焼きにありつける仕組み)

各テントのブースにはたこやき、わたあめ、ゲーム、ザリガニ釣り、ネイルアート、指編み小物販売など、さながら幼稚園や学校のバザーの雰囲気。しかし、主体は「子ども」。働く人も買い物をする人も子どものみ。


母:何が面白かった?
娘:働くのが面白かったぁ! (←指編み、スライムなど製作ものに従事)
母:初めてなのに、失敗しなかった?
娘:(その場にいた)お姉ちゃんが教えてくれたし、真似したからできた。自分で作ったのが売れちゃうかもしれないんだよ。(←自信満々!)


どうやら、この最後の部分が彼女の面白かった中心の様子。
確かに、たこ焼きが珍しいわけでもなく、「自分がやった(=生産)ことを人が喜ぶ(=消費)」この仕組みを楽しんできたようだ。
確かに供給側が面白い!同感!!
現在、大人でもこの充足を感じている人がどれくらいいるか?

「うん、うん、そうだよ! やったことが無くても、仕事でも何でもできる人の真似をすると上手くいんだよ!」とつい復唱してしまったのだが、かけがえのない勉強をしてきている。

まさに
>みんなの体験からの学びも自分の体験からの学びも変な枠で囲ってしまわないで全部必要なものを取り込んで色んな出来事に対応した方がいい。(163405)

しかも、「出来る人に真似をする」ってなんで屋の「いい女になるには?」の答えの一つ。
半日、祖母に預けてた娘が、一気に成長したように見えたのは親バカなのでしょうか?
ってよりも、うかうかしていられない。娘から強烈な活力をもらったような気がした。



権守美保
スポンサーサイト
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ

○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://gensenkeijiban1.blog.fc2.com/tb.php/1272-0a6c8eaf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。