まずは、「現実の圧力」を掌握する!!

Posted by ななし on 14.2016 記事 0 comments 0 trackback
「やりたいことが見つからない」
=「活力が欲しい」
=「現実」
=「人類滅亡の危機」

このまま活力が出ない状態でいてはヤバイ、おかしくなる。
心底の叫びが「やりたいことが見つからない」と若者に言わしめている。

この現実は、随分昔から始まっていた。
「なんか面白いことない?」「最近つまんねーな」
といったセリフは20年以上前から若者がつぶやき始めた。
最近の若者に至っては「生きるって何?」「自分ってなに?」とまで言い始めている。

確かに、この活力衰弱状態は人類滅亡の危機であろう。

「人類滅亡=現実の圧力」この認識が欠落していることが現代の全ての病理現象の根幹にあろう。

日常的な、仲間関係、仕事、社会問題、、、、、どんな場面でも
「現実の圧力は何か?」
この視点に立つことが可能性の原点である。



斎藤一浩
スポンサーサイト
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ

○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://gensenkeijiban1.blog.fc2.com/tb.php/1227-644b8151