スポンサーサイト

Posted by ななし on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ

「もったいない」に答えられる人

Posted by ななし on 12.2016 記事 0 comments 0 trackback

学校でも塾でも、月謝を払う立場の人から考えると、せっかくお金を払っているのだから元は取らなくちゃという考えてみればごく自然な気持ちが働いていると思います。その底流にはお金や時間に関する「もったいない」があります。

会社ではお給料をもらっている。期待料や応合料をもらっている。まだ戦力になっていないのに先払いでもらっている。

だれがあげているのか?前から会社にいる人々が採用の基準を考える労力をも含めて、この人なら入れても大丈夫、期待できる、これを採用の眼力(認識力)の高い人に一任して決めている場合が多いと思います。

このとき生じる「もったいない」は、採用する側の方が強く意識していると思います。

とすれば、「もったいない」に答えられる人がどちらの立場に立っても必要な人と言えるのかもしれません。




佐藤英幸
スポンサーサイト
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ

○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://gensenkeijiban1.blog.fc2.com/tb.php/1225-d565dd12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。