スポンサーサイト

Posted by ななし on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ

単なるまったり集団収束に可能性はあるのか?

Posted by ななし on 11.2016 記事 0 comments 0 trackback
サロンにて話す中で、親元収束って本源集団再生の基盤となりうるのか?という話になりました。親元収束・仲間収束etc...って、まったりとした共認充足はあるんだろうなぁ~とは思いますが、果たしてそこに可能性はあるのでしょうか??

本源集団とは、一見共認充足に溢れるまったりとした集団であるかのごとくイメージしてしまいますが、それは闘争と生殖を包摂したあくまで“闘争集団”なのです。

それが、現在みられる親元収束に代表されるような、単なるまったりとした集団では、決定的に欠落しています。

私権の強制圧力が衰弱し、今まで抑圧されていた、人類の生命源ともいうべき根源的な、親和共認充足・仲間共認充足への可能性が開かれました。
しかし、それは“社会を統合する”という課題共認なしでは、突破口は開かれないのだと確信しました。




久保田彰子 
スポンサーサイト
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ

○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://gensenkeijiban1.blog.fc2.com/tb.php/1224-98592a87
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。