スポンサーサイト

Posted by ななし on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ

共認非充足→自己虫は「わかって!認めて!」の塊

Posted by ななし on 06.2016 記事 1 comments 0 trackback
共認非充足(126930参照)の子どもが、そのまま学校に入るとどうなるか?
作文のテーマは「将来何になりたいか?」テストの問題は「あなた(自分)の考えを述べなさい」クラブや習い事で「やりたいことを見つけなさい」etc.いきなり『自分』のことばかり考えさせられる。
これは無茶だと思います。

人類本能の内識機能は、身体内部の一部の機関の欠乏や充足状況を察知する能力を備えていますが、上記のような問いに答えるために必要となる『自分総体』を認識するような能力は備えていません。
人間は第二の本能たる共認機能≒対象への同化機能を使うことによって初めて『相手が認識している自分』を認知・対象化し得るのです。
(先の問いに当てはめれば、「(先生も含め)周りが何になって欲しいと“期待”しているか」を探り当てて初めて、「自分が将来何になりたいか?」がわかるということ。)
要は、『自分のことは自分が一番よく“わからない”』のが当たり前なのです。

ここで、「共認非充足」ということは、この同化≒共認回路が十全に発育していないということでもあるので、「相手の期待がわかる」どころか、同化対象も獲得できていない可能性があります。
そういう状況で上記のような発問に答えを強制されるとどうなるか?
己の頭(架空観念世界)の中だけに『なりたい自分』を捏造するしかなくなるのだと思います。

こうして“周りが認めていない”から捏造せざるを得なかった『なりたい自分』だからこそ、周りに「わかって!認めて!」と発信する自己虫姫(王子)になるしかなかったのです。
(過保護の温室空間はそれを追認する共犯者たちの隠れ家です)

肝心の共認充足を与えずに、「あるべき自分」だとか「かけがえのない自分」だとかいう(捏造させた架空の)『重荷』を子供に押し付けていた【自己虫=真犯人】は、親や教師=我々大人であるという事実を真摯に受け止める必要があります。



平野令
スポンサーサイト
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ

○ Comment

[時間紙幅ゆえ敢えてずらして議論以前のみを前後で。題名。何かを憎みか?逆切れかなどうやらそれこそ雄大なる答への?。他虐自虐に人間を虫呼ばわりは良識疑う自然蔑視思想でかつ品欠く低次元な必要ない不毛な造語だ後ろ向き。日本〇流行語と同じネガテブ思考になる暗い。題名原点思想いい加減では必ずやそれこそ本流を外れていく・・]
(UNは徳。改名させる)。理由あって略。[普通は引く人類の理論を分かってと言うより共通項を調整形成する。すると他人でなく共通ゆえに自然と一体化しやすい。あるいは「これは人類責務だろ」と真剣気迫であれば相手に真心が伝わるものだ。これは法則]
2016.12.11 09:37 | URL | Lichter #JyN/eAqk [edit]

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://gensenkeijiban1.blog.fc2.com/tb.php/1219-2ad08e7d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。