FC2ブログ

テレビからは得られない充足感

Posted by ななし on 28.2013 記事 0 comments 0 trackback
テレビが面白くなくなったのはなぜか?
私達の価値観や趣向が変化したことにより、テレビから与えられる情報をただ黙って受け取っている立場では満たされなくなってきたというのも事実だろう。しかし、それに伴った携帯電話やインターネットの急速な普及というのも原因の一つではないだろうか?

近年、携帯電話は大抵の人が所有し、持ち歩いている。仕事用、プライベートでの連絡用、用途は様々だろうが個人専用の通信機であることには変わりない。インターネットも同じ様な側面を持っている。

二つに共通して挙げられるのは『メール』、『チャット』機能だ。誰でも一度は経験したことがあるだろうが、それらは電話に比べ、比較的時間や料金を気にせず気軽にやり取りできる。また手紙などと違い相手への発信に対しての返答が早い。そしていわゆる『出会い系サイト』と呼ばれている仲間募集サイトなどを通じ、匿名で知らない人との交流を図ることもできる。

なぜメールやチャットを利用する人が多いのか?もちろん便利であるというのも確かだが、自分が発信したことに対してすぐに反応が得られるからで、当事者の気分が味わえるからではないのか?それはテレビを見ていることでは味わえない感覚だ。

発信階級からの現実味のない話を黙って聞いているよりも、今、自分と同じ現実で生活している人達とやり取りを交わしている方が楽しい、満たされている…そう感じてきたからテレビが面白く感じなくなったのではないだろうか?

伊藤亜希子
スポンサーサイト



にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ

○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://gensenkeijiban1.blog.fc2.com/tb.php/118-2d7ebdaf