FC2ブログ

繋がる充足が警戒心を上回る

Posted by ななし on 11.2016 記事 0 comments 0 trackback
同感です。
単に自分を表現したいとか、自分に注目して欲しいのではないのだと感じます。
以前公園で見たのですが、一人の若者がダンボールに大きな文字で「ひまです。何でも相談に乗ります。話をしましょう」と書いて地面に置き、座っていました。
通りかかった20代の女性二人が足を止め、同じように地面に座り、話し始めました。
話の内容は聞き取れなかったのですが、自分の思いを主張するのではなく、ただ相手の思いを聞き、自然に話をしているように見えました。


初対面のもの同士が装飾しない生の自分をさらし、警戒心なしでいきなり話し合えるというのは、旧世代では有り得なかったことだと思います。
いかに実物以上に自分を見せるか、そんなことが旧世代にとっては大切なことだったように思います。

周りと繋がる事こそが充足であり、自分と周りを区別することが意味を持たない、そんな関係が当たり前になって行くのだと感じました。




新川啓一
スポンサーサイト



にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ

○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://gensenkeijiban1.blog.fc2.com/tb.php/1010-bda83476