FC2ブログ

女も転換しなくっちゃ

Posted by ななし on 05.2016 記事 1 comments 0 trackback
女が元気なのは、「現実は人々の意識の集合体」だっていうのがよく分かってるからっていうのもあるんじゃないかと思いました。

私権制度の根幹に私婚制度があって(実現論2_3_05)、それをどんどん崩してきた女たちは、意識が制度を変えることもそれが自分たちの力で出来ることも実感しているから、不可能視している人より元気なのは当然です。

ただ、最近女も少し元気がなくなってきたかなって気がします。

今まで旧いものを壊して変えてきた現実だけど、散々壊した先には何もなく、それで行き詰っているのが今の現状で、やっぱり新しい統合様式が必要。それには男の人の力が絶対必要。だから怖いもんなしみたいな女も実は自信がなくなってきたんだと思います。

今までのやり方じゃあそのうち置いてかれるのは女も一緒だと思いました。




西知子
スポンサーサイト



にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ

○ Comment

[毎日マスコミ扇動だったからこそあれだけの破壊戦争起こせたと類ブログでもあり。女フェミ戦争の古き良き全体への破壊の私人個人主義も同じ旧来思想。それこそマスコミュニズム扇動煽情で「オンナ真理教」と言う戦後新興宗教が擡げた戦争状態の異常事態で麻薬陶酔驕れる者の久しからず。女の否定主義で日本否定の破壊主義が日本を歪めた壊した病。まるでイスラム否定の近代革命混乱に似る自殺露頭等のヤブ手術の現状だな確かに]。
[左翼派閥の破壊主義の破たん。内乱罪の戦争犯罪に等しい。みんなで赤信号だーの固定思考マスコミュニズムのパタン。どうやら類も教科書鵜呑みの国連男女平等法と同様にヤブ医者のようである。この戦争犯罪を許してはならない]

忙しいので以下ざっと一挙鉄槌一喝の形。
ツボの蹂躙と重大錯誤と卑劣な誤魔化しがあるようなので全体調整するトータル賞。(希望は暴論。論外HomeRun)。
類に歩み寄れば、駄作大河流には「女は時代を切り開き。男は時代を創った」?・・いやあどうかな。これだろう「女は社会を破壊し、男は社会を創った」まるでコントだ笑。無駄なバカな戦争。真面目に。不毛な男女戦争になるゆえに「男尊女卑が正しい」理由。破壊主義時代である。壊したなら罪人として先ずはもとに復旧しろ。

先ず初めに。とっくに言ってたよ俺は。文学。本当の天才は大馬鹿に見えると言った司馬氏の関ケ原を真実応用して島津隊流「(このブログも戦争はマスコミでなくては起こせなかったと言ったように)女は戦時中同様にマスコミュニズム戦争便乗の虎の威のお陰でおだてられてのぼせ上がって、実際の実力以上に表層では勢いがある今の所。だが所詮は短い内だ主観性の反本質、いずれ元の自然に戻るだろう鋭敏がないゆえにあばら思考の部分発で広がるだけだ。ヒットバントは短期の内野安打は女が打つが今度も長打場外いな「論外のHomeRun」は男だろう。現に俺が打った投げられた像。類の理論も壮大全体主義に飲み込んで」。
現状エゴ時代への不満男性も「良くぞ言ったそれだ!!」と喝采だろう。女がきっと×だと「思い込んで」破壊した儒教は全てを満たす全体思想原理があった。何のことはない。古さこそが正義だったのだ。新新は無駄な必要ない戦争だったのだ。有意味な戦争もないが。
以下いくらでも言えるがざっと略。何故かな。
2016.05.08 11:23 | URL | 戦後の鬼っ子ゲンor樹下夢∞ジュゲムゲン #JyN/eAqk [edit]

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://gensenkeijiban1.blog.fc2.com/tb.php/1004-2b8aa19d