FC2ブログ

鬱病の7割、自殺者の9割は男性→恒常的な長時間労働が原因ってホント?

Posted by ななし on 31.2020 記事 0 comments 0 trackback
周囲で鬱になる人間が増加していて、なぜかを調べてみた。
厚生労働省の調査によると恒常的な長期労働が原因とある。
少なくとも鬱になった人はそれが原因と言っているが、本質的にはそれが原因なのか、徹夜で遊んでも鬱にならないが徹夜で仕事すると鬱になるのはどういった理屈なのか

以下引用
リンク

2017年は過労による突然死や自殺の報道が相次ぎ話題になった。過重労働(長時間労働)は心身にどのような影響を及ぼし、どのような状態になると過労死のリスクが高まるのか。危険を察知したとき、本人や家族、職場の人間はどう対処すべきか。過労死の実態や要因などについて調査研究を進めている労働安全衛生総合研究所過労死等調査研究センター統括研究員の吉川徹さんにお話を伺った。


労災認定された精神障害の3割は女性だが……

――前回記事「過労による突然死 40~50代男性がリスク大」では過労死の現状や、脳血管疾患・心臓疾患によるいわゆる突然死について伺いました。今回は、うつなどの精神障害により自死(自殺)するケースについて伺います。現在、死亡には至らないケースも含めて労災認定された過労死等の割合は、脳・心臓疾患が4割、精神障害・自死が6割で、精神障害・自死のほうは増加傾向が見られるとのことでしたね。

平成29年(2017年)版の「過労死等防止対策白書」[注1]によれば、精神障害に関わる請求件数は2000年には212件でしたが、2016年には1586件となっています。支給決定件数のほうも、2000年には36件だったのに対し、2016年では約500件にまで増加。支給決定件数のうち自殺(未遂を含む)については、2000年は19件で、2016年では84件となっています。

――精神障害・自死の事案が増加している背景には、どんな要因が考えられるのでしょうか。

1つには、労災認定の基準となる精神障害の中でも、気分(感情)障害をはじめとするうつ病と診断される方が増えていることがベースにあると思います。うつ病といってもその病態や症状は様々で、かつては診断が容易ではありませんでした。それが2000年以降、アメリカ精神医学会やWHO(世界保健機関)が作成した国際的な分類や診断基準が用いられるようになってきたことで、うつ病と診断がつくケースが増加。請求件数と支給決定件数が増加している背景になっていると考えられます。

また、これは私見になりますが、職場のコミュニケーションや人間関係の悩みなどからうつ状態に陥るケースも増えていると感じます。パソコンが普及してから社内や部署内でもメールなどで連絡を取ることが多くなり、人と人との顔をつきあわせたコミュニケーションが希薄になっています。そうした中で食い違いや誤解が生じるなど、お互いの認識のギャップが以前より大きくなり、心の病につながりやすい状況があるのかもしれません。


――脳・心臓疾患事案は40~50代の男性に多いということでしたが、精神障害事案についても、年齢や性別による傾向はありますか。


脳・心臓疾患の場合は男性が9割以上を占めていますが、精神障害は1997件の総数のうち女性が625件で、約3割が女性です。ただし、自殺事案で見ると368件の総数のうち女性は16人にとどまり、9割以上が男性です。


発症時の年齢は男女ともに30~39歳が最も多く、自殺事案では男性は40~49歳、女性は29歳以下が多くなっています。


男性は長時間労働、女性は事故や災害の体験がきっかけに

――脳・心臓疾患の労災認定では、業務による明らかな過重負荷として3つの要件が定められていますが、精神障害にも労災認定のための要件はありますか。




おぬこ 
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ
スポンサーサイト



北京の医師は中国の現状を話す

Posted by ななし on 31.2020 記事 0 comments 0 trackback
「indeeo」より抜粋引用です リンク

感染者数の拡大という以上に、「社会事態の悪化」が急激に進行しています。生まれて以来、こんなに急速にそして世界全体が突如として混乱に陥った様子を経験するのはおそらく初めてです。

●北京の医師へのインタビュー:現地の本当の状況 ~アメリカ・エポック・タイムズ~

◆140人の透析患者

北京の病院の内科部長であるホウ氏は、匿名を条件にインタビューに同意した。ホウ氏は、北京当局は、300件以上の確定症例を発表しているが、そのほとんどの感染が地域社会で発生していたことを明らかにした。

「北京大学の人民病院からの最新の事例は大きな問題です」と彼は言う。「これまでに、私の病院で確認された患者は 3人だけですが、確認された 3人の患者のうち 1人が頻繁に来院するために、最近、透析部門を訪れた 140人以上の患者が検疫されました。過去 2週間でこれらの 140人以上の患者またはその家族と接触した人は誰でも感染している可能性があるため、その影響は非常に大きい可能性があるのです」

ホウ氏はまた、北京のすべての医師は、基本的に北京に留まらなければならず、常に当局に電話で連絡することを要求されていると述べた。
「私たちは全員、旧正月の 7日目である 1月31日に仕事に戻ることを要求されました。戻ってこなかった人たちは、例外なく解雇されるでしょう」と彼は付け加えた。

◆武漢に送られた医師たち

ホウ氏は、湖北省以外の州の医療スタッフは、COVID-19 の発祥地である湖北省の首都である武漢に派遣され、そこで感染流行との戦いを支援していると述べた。現在、山東省のほぼすべての医療スタッフが武漢に勤務しており、江蘇省などの他の省も、医師の半数を派遣している。
「武漢の官僚制度全体は中国で最悪の事態の一つです」とホウ氏は言った。
「医師が武漢に行ったとき、外部の医療チームには何も提供されなかったため、自分の個人用の防御用具と食料を持ち込む必要がありました。武漢に行くことは、運命への招待のようなものです。私たちの病院の医師や看護師もそこに行っています。彼らは 2週間ほどで帰ることができると考えていましたが、それからすでに、ほぼ 1ヶ月となります。彼らは完全に崩壊する危機に直面しています」

◆中国の中央政府は武漢の人々を放棄した

中国政府による、伝染病に対しての明らかに誤った管理にもかかわらず、ホウ氏は、多くの中国人たちはまだ本当の状況を忘れていると述べた。
「私の友人の多くは中国政府のおかげで、このアウトブレイクが無制御になったと言っています」「この病気が最初に始まり、散発的かつ偶然に報告されたとき、私はこれが大きなアウトブレイクになると感じていたので、友人や医師の同僚たちにマスクを買っておくうように言いました」

「しかし、誰も私を信じなかった。数日後すべてのマスクと消毒剤は売り切れました。武漢は現在、湖北省全体と同様に封鎖状態にあります。本質的には、中央政府がそこに人々を置き去りにしたことを意味し、その場しのぎの治療で、人々は病院で死んでしまう。検疫措置なしで何千人もの人々が近くにいます。その環境では、健康な人でも感染してしまいます。当局は武漢を封鎖し、そんな武漢に多くの医療スタッフを送り続けたのです」

◆ビジネスが再開されること

「私は、知っている多くの人に尋ねました。もしあなたが働かないなら、どれくらいの期間持ちこたえられますか? と。彼らのほとんどはたった 1、2ヶ月と言っていました。 1か月に 6,000元( 9万円)を稼ぐ人でさえ、貯金がなく、家族を養わなければならないので、 1か月か 2か月しかもたないと言います。問題です」」ホウ氏はまた、企業に通常の労働能力を再開させるという当局の命令についても語った。

「ビジネスが再開された際、再び感染の拡大が起きることを避けることは困難です。 1人の従業員のみが感染している場合でも、接触したすべてのスタッフを隔離する必要があります。これは労働集約型企業にとって本当に大きな問題なのです。大企業の従業員が 1人感染した場合、次に何が起こるか想像してみてください」

◆インターネットのコントロールと自由

「 3月1日以降、中国のインターネットが遮断される可能性があると聞きました。それが起こった場合、もう何も言うことができません」とホウ氏は付け加えた。「中国は大規模な国内ネットワークプロジェクトを構築すると言われています。つまり、国内のルートサーバーを構築し、米国またはその他の国のサーバーを使用することをやめ、中国全体をローカルエリアネットワーク(LAN)に変えます。そのことによって、中央政府のコントロールとその範囲を強化するのです」

ここまで

◆他国状況

・ニューヨークダウのチャートは、1929年のアメリカの株価暴落から始まった「世界恐慌」の時代と同じ形を描き始めた。

・感染者が拡大しているイランでは、イラン副大統領も感染。他に保健省次官や国会議員などの感染も確認。

・英国政府が、「新型コロナウイルスの流行の最悪のシナリオを想定して、死者が多数でた場合の埋葬地についての議論を始めた」

・イタリアは現在、新型コロナウイルスの最前線。その地にいるフランシスコ法王が「何かの病気にかかってミサを取りやめた。

・オランダとアイルランドで最初の感染が確認。

・アフリカのナイジェリアでも最初の感染が確認



匿名希望
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ

アメリカ、日本、韓国に見るコロナ対応の違いは?

Posted by ななし on 31.2020 記事 0 comments 0 trackback
〇韓国
コロナ検査を民間に委託し、多くの国民のコロナ検査を実施。大量の感染者が見つかった。
結果、国民からムンジェイン政権に対する非難増大(何故、中国人の入国を禁止しないのか、対応が遅すぎる等←国民の不安増大)に加えて、各国から韓国人の入国制限が。

政府は自ら首を絞めている。

〇日本
当所、コロナ検査は300件/日しかできない。しばらくすると3000件/日行える体制を構築すると。
しかし、コロナ検査を民間に委託もしなければ、どこでコロナ検査ができるか・指定病院も公表せず。先日の国会答弁では、コロナ検査は1000件/日しか行われていないことが判明。

明らかに政府はコロナ検査を実施したくないのだろう。その理由は、上記韓国の事例を見れば明らか。
これから考えると、政府内部においても今回のコロナは、インフルエンザよりも軽度の病気であるととらえている人材がいるのだろう。

〇アメリカ
初期段階では、アメリカの感染者数は14名で、しばらくの間、感染患者が出ていないとしていた。
中国人の入国制限、クルーズ船帰国者に対する隔離、10月からアメリカ人を帰国(大使館職員)させ始めていた、中国在住アメリカ人の帰国勧告等、コロナに対して適切に動いていることをアピールしていた。

しかし、その一方でインフルエンザが大流行し、2000万人を超える感染者、死者は1.4万人。

CDCは、10日ぐらい前になって、インフルエンザ患者の中にコロナ患者が紛れている可能性があると発表し、コロナ検査を実施することに。
2~3日前にコロナ検査を実施し発表した内容は、「インフルエンザ以外の理由で死んだ人がいた」というだけ。コロナに感染し死亡したとは言わない。
さらに、CDCは今後、アメリカで大流行する可能性があると言い出した。

実際、アメリカでコロナ検査を行えるのはCDCだけで、各州の病院ではできないことも明らかになった。

アメリカは、約15%の国民が保険に入っておらず、民間保険に入っており、20万円/年の保険料を払っている人でさえ、病院に行き診察(のみ)を受けるだけで3~5万円とられる。多くの人は症状が軽ければ病院には行かない。
だから、今後、検査をしていけば、ドンドン感染者が出てくるだろう。(すでに大量の感染者がいるはず)

このような対応をした裏には、中国排除を強力に推し進めたいとの意図が見える。
中国人の入国制限、中国在住アメリカ人の帰国勧告→アメリカで大流行していることが出ていたらこのような方針は打ち出せない。


天神地祇
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ

今日で「あと147日」:SNSで「#オリンピック中止」「#中止だ中止」がトレンド入り

Posted by ななし on 31.2020 記事 0 comments 0 trackback
新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大が止まらない中、SNS上ではあるアニメの一コマが話題になっています。

それはアニメ「AKIRA」の「東京オリンピック開催迄あと147日」という看板の下に、「中止だ中止」と落書きされているシーンです。

2月28日は、2020年東京オリンピック開催までまさに「あと147日」となります。

Twitter上の話題を、実際の東京オリンピック開催に向けての動きと合わせてお伝えします。

目次

AKIRA「東京オリンピック中止」予言が話題に
実際に東京オリンピック開催を危ぶむ動きも
日本国内ではイベント自粛要請
5月までは冷静な対応を
AKIRA「東京オリンピック中止」予言が話題に
話題となっているアニメAKIRAは、原作マンガが1982年に連載開始されました。

38年前の作品が2020年の東京オリンピック開催を予言したとして、誘致決定時からたびたび話題となっています。

新型コロナウイルス(COVID-19)の流行に伴い、東京オリンピックの開催可否が取り沙汰されるようになり、AKIRAの中でカウントダウンを示す看板に「中止だ中止」という落書きがされているシーンがSNS上で注目されるようになりました。

SNS上では「#オリンピック中止」「#中止だ中止」といったタグがトレンド入りするなど、いっそうの盛り上がりを見せています。

AP通信は2月25日、IOC(国際オリンピック委員会)のディック・パウンド委員が、東京オリンピックを開催するかどうかの判断の期限は5月下旬だとの見解を示したと報じました。

他にもBBCの取材に対し、東京オリンピック中止は最悪のシナリオで、延期や競技種目をカナダやイギリスなどに分散して開催するなどの検討がされている可能性も示唆しています。

さらにロイター通信によると、2月26日に「1年延期」の可能性に言及した報じられています。

今後、新型コロナウイルス(COVID-19)に関連する事態が収束していない場合、中止や延期などの措置が取られるのではないかと現実味を帯びてきました。

【新型コロナ】東京オリンピック開催「判断期限は5月下旬」IOC委員が初の見解
IOC(国際オリンピック委員会)の委員が、東京オリンピックの開催について引き延ばせて5月下旬、との見方をAP通信のインタビューで示しました。関連記事IOCの重鎮が「オリンピック分散開催」発言新型コロナウイルス感染症対策の基本方針厚労省イベントの自粛求めず目次東京オリンピックは開催できる?IOC委員「5月下旬がリミット」東京オリンピックは開催できる?IOC委員「5月下旬がリミット」IOCのディック・パウンド委員は、AP通信のインタビューで東京オリンピックを開催するかどうかの判断の期限は5月下...

IOCの最古参委員「オリンピック分散開催」発言、新型コロナ影響で揺れる東京オリンピック
東京オリンピック開催発言に注目が集まるディック・パウンド委員は、BBCの取材でオリンピックの種目を世界に分散して開催することもあり得ると新たな発言をしました。関連記事AKIRA予言 今日であの「あと147日」米イランの緊張が東京オリンピックが標的に!?「東京五輪ダメならロンドンで」ロンドン市長候補が提案目次東京オリンピック分散開催説が浮上東京オリンピック分散開催説が浮上IOC(国際オリンピック委員会)のディック・パウンド委員は、AP通信のインタビューで東京オリンピックを開催するかどうかの判...

日本国内ではイベント自粛要請
日本政府は2月25日、首相官邸で対策本部を開き、新型コロナウイルス感染拡大に備えた対策の基本方針を決定しました。

基本方針を発表した当初はイベント開催は個々の判断に委ねられていましたが、2月26日に一転し、3月中旬まで大規模なイベントの中止や延期、規模縮小を要請する方針を明らかにしました。

これまでの主催者側に判断を委ねるとするスタンスから一転した政府の対応に、批判の声が多く寄せられています。

一方で同日夕方、大会組織委員会の武藤事務総長は取材に応じ、東京オリンピックについて予定通り開催する考えを強調しました。

2020年3月から開始される聖火リレーについては、「中止は全く考えていない」としたうえで、「イベントの規模については都道府県と相談し個別に判断していく」と述べています。

新型コロナウイルス感染症対策の基本方針:「時差出勤」「テレワーク」が連日トレンド入り
感染の拡大が続く新型コロナウイルス(COVID-19)について、日本政府は2月25日、首相官邸で対策本部を開き、テレワークや時差出勤の推進を呼びかけるなどの基本方針を決定しました。イベント開催については一律での自粛は要請しないとしていたものの、翌26日には3月中旬までイベントの中止や延期を要請すると方針を転換しました。本記事では、日本政府による基本方針と、それに対する国内からの反応をご紹介します。関連記事IOCの重鎮が「オリンピック分散開催」発言まだパンデミックではない?WHOの見解と社会...

5月までは冷静な対応を
IOCが東京オリンピックの開催可否を判断する期限としている5月までまだ3か月ほどある中で、やみくもに開催可否を判断するよりも、まずは感染拡大を防ぐことが重要です。

そのためには政府の見解や推奨される対策を冷静かつ着実に行っていく必要があるでしょう。

2月25日に政府が決定した新型コロナウイルス感染拡大に備えた対策の基本方針では、国民に対し下記の取り組みを呼びかけています。

感染しやすい環境に行くことを避ける
手洗い、咳エチケットなどを徹底する
風邪症状がある場合は、休暇取得や外出自粛、テレワークや時差出勤を推進する
やむを得ず外出する場合にはマスクを着用する
こういった対策を国民ひとりひとりが確実に行っていくことで、無用な感染拡大を防ぎ、東京オリンピック開催の実現に近づくことができるでしょう。



匿名希望
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ

パニックに導くコロナ検査(PCR検査)

Posted by ななし on 31.2020 記事 0 comments 0 trackback
「新型コロナウイルス感染をPCRで判定しても、様々な問題が発生する可能性があります。」
リンク より

・・・・・・・・

■3700人に対してPCR検査を行った場合の偽陽性、偽陰性と判定される人は予想外に多い

クルーズ船に乗っていた3700人(もう少し多かったかもしれないけど、計算しやすいように3700人としました)に対して精密検査の一つとして考えられているPCRを行なったとします。PCR検査は微量のウイルスの遺伝子を増幅することが可能であり、臨床の場で大活躍している実践的な検査方法です。

しかし、本当はウイルス感染していないのに陽性と判断してしまうことがどのような検査であっても発生してしまいます。間違って陽性と判定してしまうことを偽陽性と呼びます。

一方で本来はウイルス感染しているのに、いくらPCRであったとしてもウイルス感染していないと間違った判定をしてしまう可能性があります。これを偽陰性とよびます。

今回の新型コロナウイルス(2019-nCoV)に対するPCRの偽陽性率や偽陰性率に関して正式なデータは公表されていません。そこでかなり精度が高いものと仮定して話を進めていきます(故に数字はあくまで予想となることをご理解くださいね)。

感度を95パーセント、特異度を95パーセントとしてみます。

●感度95パーセントとはウイルス感染している人が100人いたら95人を陽性と判定する能力を意味します。

●特異度95パーセントとはウイルス感染していない人が100人いたら95人を陰性と判定する能力を意味します。

95パーセントの確率でウイルス感染が陽性である、陰性であると判定する検査と聞いたら、多くの人が、「これは非常に有用な検査だな」と判断してしまうのでは無いでしょうか?

この検査を3700人に対して行った場合の有効性を考えるためには、果たして3700人中何人が実際にウイルス感染しているのか、を仮定する必要が出てきます。

2月18日時点でわかっているウイルス検査の結果は日本経済新聞「クルーズ船で新たに99人陽性 感染者454人に」(リンク)によれば、

●検査を受けた人は1723人

●検査結果で陽性と判定された人は454人

です。この数字からざっくり有病率を計算してみます。

454人÷1723人=0.263493・・・・、なので26パーセントとしてみます。

有病率を考えに入れてみると驚くほど、正確な判定ができると考えられているPCRであっても間違った判定をくだされる人が出てしまうのです。


■26パーセントがウイルス感染している時に感度95パーセント、特異度95パーセントの検査をしたら

ウイルスに感染している人の割合が26パーセント、つまり有病率が26パーセントと仮定してみます。この状況で感度95パーセント、特異度95%のウイルス判定検査を3700人に行った場合の計算は次のようになります。

●3700人のうち有病率26パーセントと仮定すると実際にウイルス感染している人は962人です。

●ウイルス感染していない人は、3700人- 962人=2738人です。

●有病率26パーセントの感染症に感度95パーセントのウイルス検査を3700人に行った場合、962人× 95パーセント=913.9人が陽性と判定されます。

●有病率26パーセントの感染症に特異度95パーセントのウイルス検査を3700人に行った場合、2738人× 95パーセント=2601人が陰性と判定されます。

結果的には2738人-2601人=137人が本当はウイルス感染してないのに検査結果は陽性、つまり感染していると判定されてしまいます。これが偽陽性です。

また、ウイルス感染しているのに検査結果は陰性、つまり感染していないと判定される人が48人でてしまいます。これが偽陰性です。

3700人中、偽陽性の人が137人、偽陰性の人が48人出てしまいます。

・・・・・・・

上記は、感度を95%、特異度を95%としていますが、他の情報や中国が発表した「再発者」14%から考えて

実際の感度を70~80%程度、特異度は90%程度と推察しています。

 
 Tweet List

天神地祇
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ

ロシア人は、親欧米?

Posted by ななし on 31.2020 記事 0 comments 0 trackback
こちらから引用リンク

ウィンストン・チャーチルは、ロシアは「ロシアは謎の中の神秘に包まれた不可解」だと言った。ロシアにおける態度の、二つの対照的なニュース報道を読んで、私はチャーチルが意味していたことを理解した。

ロシア参謀本部総長のワレリー・ゲラシモフ大将は、ロシア国境でのワシントンと多くのNATO加盟国による強化された軍事演習から、ワシントンとNATO傀儡諸国は大きな紛争の準備をしていると結論した。モスクワでの外国武官へのブリーフィングで、NATO加盟諸国に行われている軍事演習の数と規模の増加が、NATOが「軍隊を大規模軍事衝突に従事するよう意図的に訓練している」のを示しているとゲラシモフは述べた。リンク

クレムリン報道官はロシア政府は、ゲラシモフ大将の意見を信頼すると言った。

はっきりさせるため繰り返すが、ロシア軍は分析された証拠に基づいて、ワシントンとその属国が、ロシアとの戦争のために準備していると見ているのだ。ロシア政府は、ロシア軍指導部の意見を信頼すると述べている。

ところが自立した世論調査企業レヴァダ・センターによる同時期の発表は、ロシア人の80%がワシントンとNATO属国を"友人"と見なしていると報じている。リンク

「ロシア人回答者の、たった3%が、欧米をロシアの敵と見ると述べたとレヴァダは言っている。さらに16%が彼らが欧米をライバルと見なしていると述べた。

「レヴァダ回答者の3分の2(67%)が、ロシアは欧米を「パートナー」として扱うべきだと言い、他方、経済日刊紙コメルサント・データの内訳によれば、11%が、ロシアは欧米を「友人」として扱うべきだと言った。」

ロシア参謀本部の意見と普通のロシア人の間の異常な相違は説明が困難だ。一体誰がロシア国民と意思疎通をしているのだろう? ロシア指導部? あるいは欧米に資金供給されたNGOやロシア人に欧米プロパガンダを押し込むマスコミ? ロシア国民は、まだボイス・オブ・アメリカに耳をかたむけているのだろうか?

もしこれらの対照的なニュース報道が正しいなら、ロシアはワシントンとそのヨーロッパ属国が戦争に没頭している敵だという政府認識がロシア国民に共有されない事実に直面している。これはロシア国家主権に忠実なロシア政府と、どうやら欧米の友人たちによる植民地化の危険を考えないロシア国民間の意思疎通の完全な失敗を暗示している。

アメリカ制裁や、選挙で選ばれて、アメリカの束縛からロシアを救い出した大統領に対する果てしない公然の非難で侮辱され、ロシア国境のワシントン核弾頭ミサイルに脅かされているロシア国民が、一体どうして、ワシントンとの友情と協力があり得ると信じることができるのだろう?

もし世論調査が正しく、ロシア国民がワシントンの覇権衝動を理解していないなら、ロシア主権は確実なものではない。



玉田 聡 
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ

新型コロナウイルスの疑惑①

Posted by ななし on 31.2020 記事 0 comments 0 trackback
ヤスのちょっとスピリチュアルな世界情勢予測リンクより転載します。
-------------------------------------------------
新型コロナウイルスの蔓延が止まらない。日本も臨戦態勢で、全国の小中学校、ならびに高等学校の休校を決定した。まさに異例の事態である。
 そうした状況で、あいかわらずネットでは新型コロナウイルスの起源に関する疑惑が拡散している。さすがにビル・ゲイツ犯人説のような根拠が怪しい説は消え去ったものの、それとは異なる説が拡散している。それらには、具体的な根拠となる事実があるように見えるものもいくつかある。
 今回はそうしたもので、比較的信用されているものを2つ紹介する。それらはすでに日本でも有名ブログなどで紹介されているので、知っている読者も多いかもしれないが、この記事では、そうした情報の根拠を確かめるファクトチェックを行うことにする。意外な事実が見えてくる。

●新型コロナウイルスは人工的に組成?
 最初は、今回の新型コロナウイルスが人工的に組成された可能性を示唆した論文の発表である。
 1月30日、現在武漢をはじめ感染が拡大している新型コロナウイルスから、自然界には通常存在し得ない「不自然な組成」を発見したとの論文が、プレプリントサーバ「bioRxiv」に投稿された。投稿したのは、インド、ニューデリーの研究者らである。以下が論文の題名だ。

「Uncanny similarity of unique inserts in the 2019-nCoV spike protein to HIV-1 gp120 and Gag」

 普通、科学論文が発表される場合、同じ分野の研究者による査読が条件となるが、「bioRxiv」サーバーは、生化学の分野で査読される以前の、いわば未完成の論文を自由に投稿できるサーバーだ。「コールドスプリング・ハーバー研究所」という機関が運営しており、科学的な発見をすぐに発表できるサイトとして活用されている。
 この論文によると、現在流行している新型コロナウイルスを、同じ祖先をもつ「SARS」のコロナウイルスと比較すると、他のコロナウイルスには存在しない4種のアミノ酸残基の配列が見られたという。普通、短期間でこのような突然変異は見られないという。そして、この変異した配列が、人に感染した際のウイルスの生存率と感染力を増大させ、また、宿主の範囲も増やした可能性もあるとも指摘した。
 そして、この論文が注目されたのは、この変異した配列が、「ヒト免疫不全症候群(HIV)」と一致していたということだった。論文の著者は、これは「自然界で偶然、起こるとは考えにくい」と述べ、今回の新型コロナウイルスが、実は人工的に組成された可能性があることを匂わせた。

●批判と論文の撤去
 今回の新型コロナウイルスは中国が開発した生物兵器ではないのかとの疑念があったため、この論文はそれを裏付けるものとして受け取られ、一気に拡散した。しかし、これが科学論文であったため、多くの医学者や研究者から批判があった。
 そうした批判には研究の手法に疑問を呈したもののほか、たとえ「ヒト免疫不全症候群(HIV)」と一致した4種のアミノ酸残基の配列があったとしても、これが自然な突然変異ではないと結論づける根拠はまったく提示されていないという批判が多かった。つまり、突然変異ではないことが証明されていないので、意図的に作られたかもしれないという論文の主張は成立しないということだ。
 論文の思わぬ拡散とこうした批判を受け、2月2日、論文の著者はこれをサーバーから撤去した。また、ジャワハルラルネルー大学分子医学特別センター准教授のアナンド・ランガナタン氏は、中国が新型コロナウイルスの組成に関与していたのではないかとするコメントをツイッターに投稿したが、これも削除した。
 こうした経緯で論文とツイートが削除されたので、論文の信憑性にも疑問が出ている。しかし、この未証明の論文の拡散は止まっておらず、あたかも新型コロナウイルスが中国の生物兵器であることの動かぬ証拠としてネットでは拡散している。
 筆者は、新型コロナウイルスが生物兵器である可能性は否定できないと思っている。しかし、この論文だけではその証拠としては十分ではないだろう。
 事実、「bioRxiv」サーバーには現在多くの新型コロナウイルスに関する論文のが投稿されているものの、それらは査読を受けていないので、なんらかの結論が出たものと解釈したり、臨床実践などに用いたり、メディア等で取り上げるべきではないという注意喚起が、同サーバーではなされている。
 やはり感染者の広がりのパターンを見ると、野生動物の肉などを売っていた「武漢海鮮市場」から感染は拡大している。また、コウモリが持つコロナウイルスと今回のウイルスが96%一致していることから、コウモリから感染して「武漢海鮮市場」で売られていた野生動物が感染源になった可能性が一番大きいようだ。
----------------------------------------------
続く



新聞会
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ

大人はたいして成長しないし、多分必要なのは「成長」じゃなくて「適応

Posted by ななし on 28.2020 記事 0 comments 0 trackback
(リンク

多分「大人の成長」って、誰かが作り出した虚構なんです。
人間は唯一、子供が大人になるときに、著しいステータスアップ、文字通り「成長」するだけなのです。

実際、子供から大人へは、凄まじい知能の成長が見られます。
自分の子供を見ても、1才児と4歳、4歳と7歳では勝負にならないほど知能に差がある。

が、おとなになってからの知能の成長は、それに比べればほんの僅かでしょう。
それが現実です。

でも、こう言う事を言うと、
「スキルは成長する」とか
「考え方も成長する」とか
そんな話を持ち出す方もいるでしょう。

ただ、それは私の考えでは「成長」というよりも、むしろ「適応」というべきではないかと思います。
実は、大人が本当に問われているのは、「成長」ではなく、「適応」なんです。

「スキルの獲得に受け身」だったり、消極的だったりするのは、その人達が生物だからです。
余計な力を使わず、万が一環境が変われば「適応」しようとする。そして、しんざきさんの周りの人たちは実際に「適応」している。

これこそまさに、「ああ、生き物ってすごい」と感心していい部分じゃないでしょうか。
受け身が実は、人間の本来の姿なんです。

ただ、「適応」が、これからは結構厳しくなるかもです。
端的に言うと「死にたくなきゃ、頑張って環境変化にキャッチアップせよ。」のスピードが上がってるから。

今だったら、
ピーター・ドラッカーの「ネクスト・ソサエティ」
などに描かれているように、資本主義、自由主義から次世代の知識社会への適応などが囁かれているでしょう。

「成長せよ」と脅す人は、要するにもしかしたら、今後の世界は「勉強しない人」に対して、厳しくなるかもしれない。
今のスピードで、それに適応できますか?
という話を言っているのです。

実際に、世の中の変化のスピードはどんどん上がってますから、「適応できずに滅ぶ」という事が現実にありえます。
実際、これまで地球上に生まれた種の殆どは適応できずに滅んでいる。

ただ、「サピエンス全史」にかかれているように、人類の最強の武器は、実は「適応力」にあります。

その「適応力」を発揮できるように、皆がそれなりに頑張らないとならない。
成長か、非成長かの議論とは関係なく、それが、現実なのだと思うのです。





大崎
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ

30台男性:人生に飽きました。→お坊さん:自分のことしかやってなけりゃ飽きますわい

Posted by ななし on 28.2020 記事 0 comments 0 trackback
生物としてはずいぶんと長生きな人間。私たちはなんでこんなに長く生きるのでしょう。ある男性とお坊さんのネットでのやり取りの中に、そんな素朴な疑問の手掛かりになりそうなものがありました。

以下引用ーーーー

投稿(男性/30台)
はじめまして、30代半ばの男です。
現在、定職にも就き恋人も友達も普通におります(結婚は考えてません)
とりわけ恵まれない環境ではないとは思いますが、人生に飽きがきました。
 うまくいえませんが「絶望」ではなく「飽き」です。年齢的に人間としてもオスとしてもピークは過ぎて一番楽しい時期は過ぎてしまいました。
 残りの人生上手に生きて、上手に老後を過ごして、上手に死ぬしかないのでしょうか。
 自分なりの分析としては。
若いとき比較的恵まれていました、恋愛や遊びを人の何倍も楽しんだし、
「やりたいこと」はありますが「やりのこしたこと」はないです。
奥さんも子供もいないので自分が護るべきものもありませんし、今後死への足かせになる結婚を積極的にしたいとは思いません。
 今は両親が健在なので、しっかり最期まで介護をしようと気持ちがありますが2人を送り出した後、本当に生きる意味を失ってしまうのではないかと思います。
 一番いい時期を過ぎてしまったなら、数十年後に死ぬのも明日死ぬのもさほど変わりないように思えてなりません。



お坊さんからの回答
ちょいと甘辛く申し上げますが、おそらく自分のことしかやってこなかったのではないでしょうか。
何をなされるにしても自分を利益し満たそうとする為にやってこられたのではないでしょうか。
勿論ご自覚はあまりなかったであろうと思います。
自利、我利、利己。
人間、生命の欲求そのまま忠実に生きようとすると、知らず知らずのうちに、無自覚ながら虚しさが沸くのです。
あなたの虚しさはあなたが人間であることの証です。吾我的な生き方を止めよというSOS信号です。我欲にまみれた生き方はどうしても非宗教的、非人間的=動物的になる。だからより高く生きようとする宗教心が必要になる。
より良い人間性の希求です。天然の菩提心と言えましょう。お釈迦様もお若い頃はお坊ちゃん、王子サマだったから恵まれ過ぎていて自分で手に入れることが何もなく虚しかったのです。
人と関わっていくにしても、どこかしら何かを失うような恐れがあるのでしょう。
ご自身の理想が先に立ってしまっている。
事実の方から学ぶ姿勢ではなく、自分の理想とたがうことで冷めているだけ。
自分が虚しい、虚しいと言っておられる、その5センチ奥の深い所に、あなたが向き合っていない恐れや不安も不満足があるのではないですか?
他人に理解されなかった自分であったり、
どことなく他人と距離を置いて付き合っている自分、
親に抑圧されている自分、
何かに傷ついた自分…、何が当てはまるかはわかりませんがご自身が一番よく知っておられると思います。仏教の布教とか利他というのは絵空事でも理想でもありません。
生き方を深めていけば遅かれ早かれ自然にそうなるのです。
相手を喜ばせる生き方、相手に喜んでいただける生き方というものがあります。
おのれを利益するのではなく、他者を利益する生き方、他者の為にお役に立てるという生き方があります。あなたの再出発はこのご質問です。
あなたの質問に共感された方がこれを読まれ誰かの「有り難し」が加算されていくことと思います。
小さな一歩ではありますが、そこから大きな方向転換ができるはずです。
経験を活かして人のお役に立つ生き方をなさってください。
より良く生きる、より良い自分になる。
そのためにも菩提心、求道心を起こして本当に満足のいく人生を見出してみてください。





匿名希望
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ
 HOME