FC2ブログ

マニュアル職・・・転機は?

Posted by ななし on 18.2018 記事 0 comments 0 trackback
マニュアル職・・・コンビニ、チェーン店のバイトというか仕事、一定の割合を占め、常態化しつつある。パート職も同じ。
割り切った仕事としては一時はいいかもしれないが、ずっと固定された同じことをやっている。どこかで転機を求めないのだろうか?

そら結婚どころじゃありませんわ リンク より
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
巨大な下層階級、というんだが、「マニュアル職、販売業、サービス業」というんだが、セブンイレブンの店員、すき家の店員、まぁ、そういったところだ。人件費というのは「定額制」なので、どれだけ使い倒しても時給は同じ。仕事量に見合った歩合制だったら、セブンイレブンの店員もすき家の店員もポルシェを乗り回してますw

いま日本の社会は、大きな転換点を迎えている。格差拡大が進むとともに、巨大な下層階級が姿を現わしたからである。その数はおよそ930万人で、就業人口の約15%を占め、急速に拡大しつつある。それは、次のような人々である。
平均年収はわずか186万円で、貧困率は38・7%と高く、とくに女性では、貧困率がほぼ5割に達している。
貧困と隣り合わせだけに、結婚して家族を形成することが難しい。男性では実に66・4%までが未婚で、配偶者がいるのはわずか25・7%である。女性では43・9%までが離死別を経験していて、このことが貧困の原因になっている。生活に満足している人の比率も、また自分を幸せだと考える人の比率も、きわだって低い。
どんな人々か。パート、派遣、臨時雇用など、身分の不安定な非正規雇用の労働者たちである(技能職・建設職など)。仕事の種類は、マニュアル職、販売職、サービス職が多い。平均労働時間はフルタイム労働者より1-2割少ないだけで、多くがフルタイム並みに働いている。

これで人手不足が進行すれば、あるいは「歩合制」というのも出てくるかも知れない。都心ではセブンイレブンの給料ではとても暮らせないので、人が集まらない。凄く単純な話で、中国人やベトナム人の雇用を禁止すれば、賃金のアンカーになっている低賃金労働者がいなくなり、引き上げを迫られる。移民だ、研修生だというのが、日本人の賃金を上げさせないための存在だと気が付かなきゃ。日本はアジアから貧困を輸入し続けているのだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
引用以上




匿名希望
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ
スポンサーサイト

机上の自己分析は不要。人との関わり合いの中で、学ぶのが自己分析の本質

Posted by ななし on 06.2018 記事 0 comments 0 trackback
今年度もこれから就職活動のピークを迎える。
例年にならい、学生が行う「企業研究」と「自己分析」。

企業研究は、まさに相手(企業)を知り、相手(企業)の志(理念)に深く同化する過程。対象企業と一体となって、力を解放していけそうか、そのための追求。

一方で、自己分析。学生が必死になって取組むわりに、大した成果が出ていない。むしろ、「自分のやりたいことを見つけよう」、「自分の活かせる職」、「経験を仕事に」など、対象不在で、視野狭窄に陥っている状況が多い。

では、就職活動を前に、意味のある準備はどうすればよいか。

参考になりそうな記事があったので、引用します。
~「本当の自分探し」にハマる就活生が急増中!なぜ自己分析にこだわる学生は、内定が出ないのか~
リンクより引用。


・・・引用開始・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

~前略~

「私は10年以上前から机上の自己分析などする必要がないとずっと就活生に言っていました。そもそも社会で仕事もしていないのに自己分析なんかして、自分に何が向いているとか向いていないとか分かるわけがありません。」
「野球もしたこともないのに野球の本を読んで自己分析して自分が遊撃手に一番向いているとか投手が向いているとか分かるはずもないでしょう?それと同じです」

確かに。

~中略~

「実は自己分析なんて、人は毎日しています。人との関わり合いの中で、教えてもらったり気づいたり、それをどう活かすかが大事です。机上の自己分析なんてやめて、お友達と夢を語り合ってください。」
「その方が、遙かに意味ある時間を過ごせると思います。人との関わり合いの中で、分かるのが自己分析なのです。本なんかで分かるものではありません」

・・・引用終了・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人との関わり合いから、気づき、学びを繰り返していく。
結局、周りからの評価で、自分自身の本当の姿が見えてくるのが本質。

机上の自己分析で視野狭窄にならずに、周りの人とどんな仲間関係で、自分にはどんな役割があるのかを追求する方が、よっぽど意味がある。





小熊耕平
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ
 HOME