FC2ブログ

就農支援における自治体の課題と取組事例~埼玉県宮代町「担い手塾」/福井県若桜町「かみなか農楽舎」

Posted by ななし on 27.2020 記事 0 comments 0 trackback
■就農支援における自治体の課題と取組事例【自治体事例の教科書】
(リンク より)

:::以下転載:::

価値観の多様化や農家の後継者不足を背景として、地域外の都市部の若年層が就農するケースが増えています。自治体によるこれからの就農支援のあり方とは? 農林水産省の「認定新規就農者制度」の活用事例などから、そのポイントを探りました。

◆「認定新規就農者制度」とは

「認定新規就農者制度」は各自治体の農業活性化を目指して平成26年より開始された「青年等就農計画制度」を基とする取り組みで、市町村の認定を受けた認定新規就農者に対して、就農段階から農業経営の改善・発展段階まで一貫した支援を行うことで、地域農業の担い手を育成する制度です。

対象者(計画申請者)は、その市町村の区域内において新たに農業経営を営もうとする18歳から45歳未満の人材等です。

新たに農業経営を営もうとする青年等が、農業経営の開始 から5年後の経営の目標を記載した青年等就農計画を作成し、 市町村が認定することが制度利用の条件です。


◆支援内容

市町村より計画が認定されると認定新規就農者になり、認定された都道府県や市町村の関係機関より就農計画を達成するための支援を受けることができます。

さらに、新規で就農する場合、申請し受理されれば、就農支援のために設けられた補助金を受けることが可能になります。この補助金は給付金と貸付金の2種類があります。

給付金は就農初期の収入が不安定になりがちな期間を支援するために設けられており、貸付金は主に就農するにあたり必要な機械などの購入のために利用できるものです。

申請が受理されれば、給付金、貸付金の両方が利用可能になります。なお、これらの給付金については、申請する市町村によって条件が多少異なることがあります。

また、就農前に給付される、準備型の給付金を受けることもできます。

次に、認定新規就農者制度を活用した就農支援事例を紹介します。


◆事例①【担い手塾】宮代町(埼玉県)

宮代町(埼玉県)は平成23年1月に「宮代町農業担い手塾」を立ち上げ、塾生募集を始めました。平成31年2月には第8期生の募集をしています。

同町は水田耕作面積が大きな割合を占めていますが農業従事者は減少する一方で、耕作放棄地面積は平成7年から平成27年までの約20年で約10倍に増加しました。

この現状を打破するために誕生したのが「宮代町農業担い手塾」です。

同塾では、農業従事者の高齢化や後継者不足等によって農業の衰退や遊休農地が増加しているなかで、新たな農業の担い手となり得る人材を確保・育成し、農業を生業として誇りを持って営んでいけるよう、新規就農者及び新規就農希望者に対して必要な支援を行い、宮代町の農業の振興に結びつけていくことを目的としています。

同塾の運営・支援母体である「宮代町新規就農者支援委員会」は、同町で新規就農を志す塾生に対し、プロの農業者として独立できるよう、さまざまなサポートを提供しています。

具体的には、担い手塾入塾希望者の選考、塾生が実践研修を行う研修圃場の視察や塾生への日常的な技術指導・経営アドバイス等、全面的なサポートを実施しています。

宮代町独自の受け入れ支援の足掛かりとなったのは、平成14年度に埼玉県の補助事業を活用して開設した「ルーキー農業塾」です。まずこの制度により、新規就農者育成の実績を積み上げました。

さらに「宮代町農業担い手塾」を平成23年に開設し、運営・支援母体として「宮代町新規就農者支援委員会」を立ち上げました。


◆事例② 【かみなか農楽舎】若狭町(福井県)

若狭町(福井県)では、米作地帯に共通する農家の高齢化や後継者不足、そのための遊休農地の増加といった課題に悩んでいました。この問題の解消のため、農業生産法人(現在の農地所有適格法人)「かみなか農楽舎」が設立されました。

若狭町との合併前の上中町と、自らも農園も持つ設計会社が、さまざまな試行錯誤をする中で、最終的に農地を提供する地元側の理解を得て、三者の共同出資という形でスタートしたのが同農楽舎の始まりです。

外部からの就農者が少ない稲作農業において、認定農業者等と組んだ就農という独自の方法により、都会から来る若い担い手の確保に成功しています。こういった若者の多くはその後若狭町に定住し、町の人口の維持や若返りにも貢献しています。

福井県及びの若狭町では、次のような新規就農支援策を行っています。

福井県は県内で新規に独立自営での就農を希望する人に対し、県内で約120軒登録されている里親農家での長期研修や、ふくい園芸カレッジ(新規就農コース)での研修に対して助成を行っています。

かみなか農楽舎はその里親農家のひとつで、里親農家で長期研修を行う場合には、国の農業次世代人材投資事業の準備型の対象となる他、県外出身あるいは県外からのUターン研修生に最長2年間の助成金を出す制度も整備しています。

また、受入れ農家等支援報償費として、里親農家に対しても中長期にわたって支援金を支給しています。

研修生の就農後の支援としては、国の農業次世代人材投資事業の経営開始型だけでなく、就農奨励金、農具を整備するための奨励金を県独自の事業として実施しています。

また、若狭町では、かみなか農楽舎の研修生が法人への経営参画で就農する場合などに対応できるような新規就農者支援事業も行っています。

:::以上転載終わり:::

石山 巌 ( 46 東京 コンサル業 )
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ
スポンサーサイト



権力とマスコミの結託には只ならぬ凄みがある、体制翼賛の戦時体制に抵抗のすべが無かった当時をリアルに思い浮かべた。

Posted by ななし on 09.2020 記事 0 comments 0 trackback
・マスコミが刷り込んだ新型コロナウイルスへの恐怖心が凄まじい。マスコミ上がりの知事etcのはしゃぎぶりは別に、政権首脳や与野党議会人の迷走振りや専門家と称する人々の切れ味の鈍さに国民はうんざりだ。東電福島原発の水素爆発時の混迷時と変わらぬ迷走だ。この危機遭遇においても、現実を直視して事実を追求する志の貧弱さが突き付けられた。

・然し、新しい潮流に敏感な筈の二十代の若者達まで、その怯えぶりには驚いてしまう。マスコミの脅しに乗せられ怯え切って、おとなしく閉じこもってしまう連中が多数のようだ。既得権益をご破算にさせて、老人達が積み上げた放漫財政のツケから身軽になって、新しい社会を蘇らせる千載一遇の機会が到来したのに、全く覇気が見られない。
マスコミを使った脅しと人々の孤立化の仕掛けが凄まじい、通常のインフルエンザの罹患と比較して遥かに社会的な損傷は軽微なのに、桁違いの大騒動を引き起こし、人々をバラバラにしてしまう。煽るのではなく事実を追求して報道すればよい、人口当たりの死亡率や感染率などの実態事実の情報、新型が意味する、ウイルスの構造解明を追求する最先端の情報を皆は知りたい。

・嘗て、思春期に読んだが「聞けわだつみの声」はとても鮮烈な思い出がある。なんで徴兵に応じ激戦の各戦線に駆り出され、終いには特攻志願を余儀なくされ、三百万人もの日本人が犬死してしまったのか、悔しさはあっても戦時体制下の圧力がリアルには思い浮かばなかった。
・しかしこの度のコロナ騒動で分かった、権力とマスコミが企む凄みは只ならぬ迫力がある。行動や情報が長期に制限され、社会から人々がバラバラに分断されてしまえば、権力の側のやりたい放題となってしまう。大衆が相互監視させられながら、権力の思惑に嵌められてしまう。事実の追求が歪められれば、権力とマスコミの思うが侭になってしまうということだ。マスコミと権力が結託すれば、事実の歪曲は容易、人々の意識の潮流も捻じ曲げられてしまう。この私権社会の世論操作との闘い、コロナ騒動から21世紀の社会を展望する事実追求に立ち向かっていきたい。。

持国天


 
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ

<コロナ新喜劇!!>【2020年のGW明けには、コロナが居なくなる?!コロナ茶番劇を医学ドクター・ト―マス博士の根拠を元に真実を時系列で解説!!!】-2

Posted by ななし on 09.2020 記事 0 comments 0 trackback
~続きです~

【4.ジカ熱 2017年】
①メディア戦略:ウィルスはブラジルからアメリカにすでに侵入していると言われていた。米国南部を経由して、蚊がウィルスを持ち込んでいると。
そしてジカ熱は胎児に遺伝子的変異を引き起こすだろうと言われていたす。
②背後構造:この背後で、何が起こっていたかについては、現在のところ不明。
③最終結果:数週間もすると、すっかりと消え去っていた。恐怖心をあおり続けていた唯一のソースはニュースによるプロパガンダで、妊娠中の女性と、死亡したあるいは変形した赤ちゃんの写真で埋め尽くされていた。そのプロパガンダが終わった時、驚くことにこの病気も消え失せていた。
⇒株価操作全盛期より、ブラジルのレアル通貨危機・株価が下がると大儲けする人達が儲かっただけの構図に。

■コロナ新喜劇(567=18)感染の原因は何?
トーマス先生は、少なくとも人から人へ移るウイルス感染ではない!
⇒過去数十年、我々は、脳(松果体)に多大の影響を与える4つの因子を受けてきており体内に少量以上のアルミニウムを蓄積している。

例.
1)空(ヘリコプターなど)から撒く農薬や虫の駆除剤/ケムトレイルと呼ばれる実質害のあるアルミニウムを飛行機から人工的に撒く行為
2)農薬そのもの(グリサード(除草剤))※日本は今年から農薬規制を緩めてアルミ三昧になる!
3)水道水(フッ素)※日本は4月から水道利権を外資に売り渡し水道水にフッ素が入れられてる!!
4)Wifi(~4G)※インターネットが始まってから電磁波などによる脳ダメージは多大!!!
ちなみに、4Gの電磁波数は2.4GHz~2.6GHz帯、次世代端末の5Gの電磁波数は60GHzと約30倍近い電磁波を100mの短距離で発します★

この威力は、電子レンジの半分くらいとも言われ、これが普及すれば、世界の人口が20億人減ると言う学者もいる程である。

●これに、年齢や免疫力の状況を踏まえ、トーマス先生は2つの仮説を唱えた。
1)Wifiに5G(軍事用途帯域)が登場してきたこと
2)地球を覆うネットワーク網が出来上がりつつあること
更に、メディアには出てこないが現在、宇宙にひ2万基の5G用サテライトが打ち上げられている。
⇒低軌道(成層圏)でのフェイズドアレーアンテナゆえ、
受け入れ体制(レシーバー)さえ整えば、安定発信でプリズンプラネット(監獄惑星)となると!

★ポイントとして、中国(武漢)は5Gモデル都市として2019年11月にスタートして基地局が100m単位で増えていた。

また、その前に中国人は健康診断の名目の元、ワクチン注射で体内アルミニウム濃度が高まっていた。

本格稼働し始めた12月、2020年1月辺りに体内に異変があっても当然の準備が行われていた事になる。

★日本のダイヤモンドプリンセス号(イギリス船)自体も陰謀船として最初から予定通りの動きであり、5Gの60GHzより少しだけ弱い40GHz帯の基地局が船に搭載されている。
旅行期間中も体調不良を訴えてる人も多いはずだが、日本の港から乗客を下ろさなかった(意図的と推測)事により、コロナと呼ばれる電磁波兵器と体内の物質(アルミ)の科学反応の実験が終了。
確実に感染するという印象を日本人に植え込む事が目的で、被爆者が出る実験を行ったに過ぎないと推測される!
そこからのメディア報道はコロナ一色で平常心を失わせる一方的な報道になった。

●コロナとは関係なく、5G網と被害報告が集中している国(死亡者数)はほぼ一致に近い数値。
トーマス先生は、現在の状況は1918年代と比べると、電波網は著しく進化(悪化)しているゆえ、世界中にあっと言う間にコロナフルーが広がっているのは、人の感染ではなく、グローバルネットワーク化が原因であるという。
また、地球上の電磁場環境が5Gの加速的な普及により、半年で一気に変化してしまったが、これは人類が初めてラジオ電波を浴び始めた時に約1億人近く亡くなった時のスペインかぜの電磁波理論と重なるものが多い!

●トーマス先生は、電磁波予防の観点から現在2つの注意すべき要因を指摘。
『体内の”水質”と”金属量”で、水分は体の70%を占め、アルミは電磁波を受けるアンテナになる』
ここまで来ると、答えは言わなくても分かるだろう!!
コロナ対処法に、5G電磁波のレシーバーにならないことだけである!!!

●具体的な対策としては、被爆スイッチ(論文内ではスパークと呼ばれる)を押させないこと(押させる環境/体調を避ける事)
最良の対策は、良い水とレスアルミである(腸内環境を良くする水もあるが、通常のきれいな水や緑茶でも飲んだ方が良い)

●あらゆるワクチン(インフルエンザワクチン)にもアルミが入っているので、都心の中心部に出かけない事が今は重要(公開後は撤去となる法律が待っている)

現在、ドコモ・AU・ソフトバンクの5G電波網を調べると東京の一区画と、大阪・神戸・広島・北九州などの一区画のみテスト稼働してるのみ。
東京の渋谷のハチ公の真上に5G網があるが、未だ稼働してるなら、アルミニウムを置いてるだけで科学反応で火が出るでしょう。
既に、Tiktokでアルミと電磁波から発される60GHz帯の水銀との科学反応が話題を集めているので、

【小学生の科学実験レベルの問題が、今回のコロナ騒ぎの本質】 との事です。
●科学的には、スパーク(被爆)した人間の細胞は、顕微鏡で見てもウィルスと見た目変わらない所がカラクリの一つ。
また、5Gの60GHzを照射されると、血管のヘモグロビンを体内に送る事を阻止する酸欠状態となります。
それが、結果的に肺炎と同じ現象となるという事をトーマス先生は言ってます。
※肺が黒くならない肺炎患者は、被爆患者という事になります。

<コロナの本質を知った上での新対策法>
帯電を防ぐ工夫が必要!
5Gアンテナのそばを避けること!!
キレイな水をなるべく飲んで、腸内バランスを良くして免疫力をアップし電気に強い体にする事!!!

だそうです。

コロナ対策はウイルスとしてではなく、電気的に考えるのがコツという事であると。
「我々はモノ的存在ではない、電気的存在なのである」 by トーマス

~後略 引用終わり~

  ~続きです~

【4.ジカ熱 2017年】
①メディア戦略:ウィルスはブラジルからアメリカにすでに侵入していると言われていた。米国南部を経由して、蚊がウィルスを持ち込んでいると。
そしてジカ熱は胎児に遺伝子的変異を引き起こすだろうと言われていたす。
②背後構造:この背後で、何が起こっていたかについては、現在のところ不明。
③最終結果:数週間もすると、すっかりと消え去っていた。恐怖心をあおり続けていた唯一のソースはニュースによるプロパガンダで、妊娠中の女性と、死亡したあるいは変形した赤ちゃんの写真で埋め尽くされていた。そのプロパガンダが終わった時、驚くことにこの病気も消え失せていた。
⇒株価操作全盛期より、ブラジルのレアル通貨危機・株価が下がると大儲けする人達が儲かっただけの構図に。

■コロナ新喜劇(567=18)感染の原因は何?
トーマス先生は、少なくとも人から人へ移るウイルス感染ではない!
⇒過去数十年、我々は、脳(松果体)に多大の影響を与える4つの因子を受けてきており体内に少量以上のアルミニウムを蓄積している。

例.
1)空(ヘリコプターなど)から撒く農薬や虫の駆除剤/ケムトレイルと呼ばれる実質害のあるアルミニウムを飛行機から人工的に撒く行為
2)農薬そのもの(グリサード(除草剤))※日本は今年から農薬規制を緩めてアルミ三昧になる!
3)水道水(フッ素)※日本は4月から水道利権を外資に売り渡し水道水にフッ素が入れられてる!!
4)Wifi(~4G)※インターネットが始まってから電磁波などによる脳ダメージは多大!!!
ちなみに、4Gの電磁波数は2.4GHz~2.6GHz帯、次世代端末の5Gの電磁波数は60GHzと約30倍近い電磁波を100mの短距離で発します★

この威力は、電子レンジの半分くらいとも言われ、これが普及すれば、世界の人口が20億人減ると言う学者もいる程である。

●これに、年齢や免疫力の状況を踏まえ、トーマス先生は2つの仮説を唱えた。
1)Wifiに5G(軍事用途帯域)が登場してきたこと
2)地球を覆うネットワーク網が出来上がりつつあること
更に、メディアには出てこないが現在、宇宙にひ2万基の5G用サテライトが打ち上げられている。
⇒低軌道(成層圏)でのフェイズドアレーアンテナゆえ、
受け入れ体制(レシーバー)さえ整えば、安定発信でプリズンプラネット(監獄惑星)となると!

★ポイントとして、中国(武漢)は5Gモデル都市として2019年11月にスタートして基地局が100m単位で増えていた。

また、その前に中国人は健康診断の名目の元、ワクチン注射で体内アルミニウム濃度が高まっていた。

本格稼働し始めた12月、2020年1月辺りに体内に異変があっても当然の準備が行われていた事になる。

★日本のダイヤモンドプリンセス号(イギリス船)自体も陰謀船として最初から予定通りの動きであり、5Gの60GHzより少しだけ弱い40GHz帯の基地局が船に搭載されている。
旅行期間中も体調不良を訴えてる人も多いはずだが、日本の港から乗客を下ろさなかった(意図的と推測)事により、コロナと呼ばれる電磁波兵器と体内の物質(アルミ)の科学反応の実験が終了。
確実に感染するという印象を日本人に植え込む事が目的で、被爆者が出る実験を行ったに過ぎないと推測される!
そこからのメディア報道はコロナ一色で平常心を失わせる一方的な報道になった。

●コロナとは関係なく、5G網と被害報告が集中している国(死亡者数)はほぼ一致に近い数値。
トーマス先生は、現在の状況は1918年代と比べると、電波網は著しく進化(悪化)しているゆえ、世界中にあっと言う間にコロナフルーが広がっているのは、人の感染ではなく、グローバルネットワーク化が原因であるという。
また、地球上の電磁場環境が5Gの加速的な普及により、半年で一気に変化してしまったが、これは人類が初めてラジオ電波を浴び始めた時に約1億人近く亡くなった時のスペインかぜの電磁波理論と重なるものが多い!

●トーマス先生は、電磁波予防の観点から現在2つの注意すべき要因を指摘。
『体内の”水質”と”金属量”で、水分は体の70%を占め、アルミは電磁波を受けるアンテナになる』
ここまで来ると、答えは言わなくても分かるだろう!!
コロナ対処法に、5G電磁波のレシーバーにならないことだけである!!!

●具体的な対策としては、被爆スイッチ(論文内ではスパークと呼ばれる)を押させないこと(押させる環境/体調を避ける事)
最良の対策は、良い水とレスアルミである(腸内環境を良くする水もあるが、通常のきれいな水や緑茶でも飲んだ方が良い)

●あらゆるワクチン(インフルエンザワクチン)にもアルミが入っているので、都心の中心部に出かけない事が今は重要(公開後は撤去となる法律が待っている)

現在、ドコモ・AU・ソフトバンクの5G電波網を調べると東京の一区画と、大阪・神戸・広島・北九州などの一区画のみテスト稼働してるのみ。
東京の渋谷のハチ公の真上に5G網があるが、未だ稼働してるなら、アルミニウムを置いてるだけで科学反応で火が出るでしょう。
既に、Tiktokでアルミと電磁波から発される60GHz帯の水銀との科学反応が話題を集めているので、

【小学生の科学実験レベルの問題が、今回のコロナ騒ぎの本質】 との事です。
●科学的には、スパーク(被爆)した人間の細胞は、顕微鏡で見てもウィルスと見た目変わらない所がカラクリの一つ。
また、5Gの60GHzを照射されると、血管のヘモグロビンを体内に送る事を阻止する酸欠状態となります。
それが、結果的に肺炎と同じ現象となるという事をトーマス先生は言ってます。
※肺が黒くならない肺炎患者は、被爆患者という事になります。

<コロナの本質を知った上での新対策法>
帯電を防ぐ工夫が必要!
5Gアンテナのそばを避けること!!
キレイな水をなるべく飲んで、腸内バランスを良くして免疫力をアップし電気に強い体にする事!!!

だそうです。

コロナ対策はウイルスとしてではなく、電気的に考えるのがコツという事であると。
「我々はモノ的存在ではない、電気的存在なのである」 by トーマス

~後略 引用終わり~

  ~続きです~

【4.ジカ熱 2017年】
①メディア戦略:ウィルスはブラジルからアメリカにすでに侵入していると言われていた。米国南部を経由して、蚊がウィルスを持ち込んでいると。
そしてジカ熱は胎児に遺伝子的変異を引き起こすだろうと言われていたす。
②背後構造:この背後で、何が起こっていたかについては、現在のところ不明。
③最終結果:数週間もすると、すっかりと消え去っていた。恐怖心をあおり続けていた唯一のソースはニュースによるプロパガンダで、妊娠中の女性と、死亡したあるいは変形した赤ちゃんの写真で埋め尽くされていた。そのプロパガンダが終わった時、驚くことにこの病気も消え失せていた。
⇒株価操作全盛期より、ブラジルのレアル通貨危機・株価が下がると大儲けする人達が儲かっただけの構図に。

■コロナ新喜劇(567=18)感染の原因は何?
トーマス先生は、少なくとも人から人へ移るウイルス感染ではない!
⇒過去数十年、我々は、脳(松果体)に多大の影響を与える4つの因子を受けてきており体内に少量以上のアルミニウムを蓄積している。

例.
1)空(ヘリコプターなど)から撒く農薬や虫の駆除剤/ケムトレイルと呼ばれる実質害のあるアルミニウムを飛行機から人工的に撒く行為
2)農薬そのもの(グリサード(除草剤))※日本は今年から農薬規制を緩めてアルミ三昧になる!
3)水道水(フッ素)※日本は4月から水道利権を外資に売り渡し水道水にフッ素が入れられてる!!
4)Wifi(~4G)※インターネットが始まってから電磁波などによる脳ダメージは多大!!!
ちなみに、4Gの電磁波数は2.4GHz~2.6GHz帯、次世代端末の5Gの電磁波数は60GHzと約30倍近い電磁波を100mの短距離で発します★

この威力は、電子レンジの半分くらいとも言われ、これが普及すれば、世界の人口が20億人減ると言う学者もいる程である。

●これに、年齢や免疫力の状況を踏まえ、トーマス先生は2つの仮説を唱えた。
1)Wifiに5G(軍事用途帯域)が登場してきたこと
2)地球を覆うネットワーク網が出来上がりつつあること
更に、メディアには出てこないが現在、宇宙にひ2万基の5G用サテライトが打ち上げられている。
⇒低軌道(成層圏)でのフェイズドアレーアンテナゆえ、
受け入れ体制(レシーバー)さえ整えば、安定発信でプリズンプラネット(監獄惑星)となると!

★ポイントとして、中国(武漢)は5Gモデル都市として2019年11月にスタートして基地局が100m単位で増えていた。

また、その前に中国人は健康診断の名目の元、ワクチン注射で体内アルミニウム濃度が高まっていた。

本格稼働し始めた12月、2020年1月辺りに体内に異変があっても当然の準備が行われていた事になる。

★日本のダイヤモンドプリンセス号(イギリス船)自体も陰謀船として最初から予定通りの動きであり、5Gの60GHzより少しだけ弱い40GHz帯の基地局が船に搭載されている。
旅行期間中も体調不良を訴えてる人も多いはずだが、日本の港から乗客を下ろさなかった(意図的と推測)事により、コロナと呼ばれる電磁波兵器と体内の物質(アルミ)の科学反応の実験が終了。
確実に感染するという印象を日本人に植え込む事が目的で、被爆者が出る実験を行ったに過ぎないと推測される!
そこからのメディア報道はコロナ一色で平常心を失わせる一方的な報道になった。

●コロナとは関係なく、5G網と被害報告が集中している国(死亡者数)はほぼ一致に近い数値。
トーマス先生は、現在の状況は1918年代と比べると、電波網は著しく進化(悪化)しているゆえ、世界中にあっと言う間にコロナフルーが広がっているのは、人の感染ではなく、グローバルネットワーク化が原因であるという。
また、地球上の電磁場環境が5Gの加速的な普及により、半年で一気に変化してしまったが、これは人類が初めてラジオ電波を浴び始めた時に約1億人近く亡くなった時のスペインかぜの電磁波理論と重なるものが多い!

●トーマス先生は、電磁波予防の観点から現在2つの注意すべき要因を指摘。
『体内の”水質”と”金属量”で、水分は体の70%を占め、アルミは電磁波を受けるアンテナになる』
ここまで来ると、答えは言わなくても分かるだろう!!
コロナ対処法に、5G電磁波のレシーバーにならないことだけである!!!

●具体的な対策としては、被爆スイッチ(論文内ではスパークと呼ばれる)を押させないこと(押させる環境/体調を避ける事)
最良の対策は、良い水とレスアルミである(腸内環境を良くする水もあるが、通常のきれいな水や緑茶でも飲んだ方が良い)

●あらゆるワクチン(インフルエンザワクチン)にもアルミが入っているので、都心の中心部に出かけない事が今は重要(公開後は撤去となる法律が待っている)

現在、ドコモ・AU・ソフトバンクの5G電波網を調べると東京の一区画と、大阪・神戸・広島・北九州などの一区画のみテスト稼働してるのみ。
東京の渋谷のハチ公の真上に5G網があるが、未だ稼働してるなら、アルミニウムを置いてるだけで科学反応で火が出るでしょう。
既に、Tiktokでアルミと電磁波から発される60GHz帯の水銀との科学反応が話題を集めているので、

【小学生の科学実験レベルの問題が、今回のコロナ騒ぎの本質】 との事です。
●科学的には、スパーク(被爆)した人間の細胞は、顕微鏡で見てもウィルスと見た目変わらない所がカラクリの一つ。
また、5Gの60GHzを照射されると、血管のヘモグロビンを体内に送る事を阻止する酸欠状態となります。
それが、結果的に肺炎と同じ現象となるという事をトーマス先生は言ってます。
※肺が黒くならない肺炎患者は、被爆患者という事になります。

<コロナの本質を知った上での新対策法>
帯電を防ぐ工夫が必要!
5Gアンテナのそばを避けること!!
キレイな水をなるべく飲んで、腸内バランスを良くして免疫力をアップし電気に強い体にする事!!!

だそうです。

コロナ対策はウイルスとしてではなく、電気的に考えるのがコツという事であると。
「我々はモノ的存在ではない、電気的存在なのである」 by トーマス

~後略 引用終わり~

森羅万象
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ

パンデミックは今後30-40日以内に「自然に終焉」する : イスラエルの著名な数学者が、新型コロナの感染は「ロックダウンをしてもしなくても」どちらも発生から70日間続いた後に収束するという理論を発表

Posted by ななし on 25.2020 記事 0 comments 0 trackback
新型コロナ。何故コロナ禍?という問題はのこりますが、新型コロナウイルスの記事がInDeepさんに記載されています。引用させて頂きます。
リンク
(以下途中から引用)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■すべての国と地域で新型コロナウイルスは同じ時間的サイクルで推移する

非常に興味深い記事を見かけました。

それは、以下のようなタイトルの記事で、「ロックダウンをしようがしまいが、それとは関係なく新型コロナウイルスは70日間で収束する」という論文が、イスラエルの著名な数学者で、テルアビブ大学サイバーセンターの責任者でもある教授によって発表されたというものです。

これは最初、イスラエルの報道メディア Mako に「イスラエルの感染拡大のピークは2週間以内に収まるとテルアビブ大学の教授は語る」というタイトルで掲載されていたものですが、このイスラエルの報道はヘブライ語でして、翻訳にやや難しいものがあるのですが、先ほどの英字メディアが、それを取り上げていましたので、ご紹介したいと思います。

ここで述べられていることは、「新型コロナウイルスの流行は《何もしなくても》70日で収束に向かう」
(途中略)

それで、今回知りましたイスラエルの科学者の「どんな条件下でも新型コロナウイルスの流行は 70日間で収束する」という言葉を聞きまして、「なるほど」と思ったのです。

たとえば、中国から始まった新型コロナウイルスの感染拡大は、その中国本土では、武漢を中心として 1月から深刻な感染拡大が発生しましたが、実際の数値はともかくとしても、3月の中旬頃には、少なくとも中国本土での感染拡大は実際に落ち着いています。

中国に続いて、早い感染拡大が発生した国としては、おおむね、

・シンガポール/・韓国/・香港/・台湾
などですが、以下は、2月19日の新型コロナウイルスの感染状況です。ここにある「日本」というのは、すべてクルーズ船内の感染者で、日本の本土での感染拡大はまだ起きていない時でした。
(途中略)

そもそも、以下の記事で書きましたように、「厳格なロックダウンをしている国と、何もしていないスウェーデンのグラフが、ほぼ同じ」ということも、そのことを示していないでしょうか。

このイスラエルの教授の論文を取り上げていたインドの地政学のメディアである「グレートゲームインディア」の記事からご紹介します。

このグレートゲームインディアは、世界で最初に、新型コロナウイルスが「武漢のウイルス研究所から流失した可能性がある」ことを理論的に突き止めたサイトのひとつであり、その記事をアメリカのゼロヘッジが記事にしたことで、世界中に「ウイルス流出説」が広がりました。
(途中略)

ベン・イスラエル教授の簡単な統計分析は、COVID-19 の広がりが約 40日後にピークに達し、70日後にほぼゼロに低下することを主張している。これは各国の政府が、感染拡大を阻止しようと強制的な対策を取っても取らなくても結果は同じだという。
(途中略)

それぞれの国が、たとえばイスラエルのように封鎖と隔離を行ったか、あるいは、スウェーデンのように平時と同じ社会状況を続けていたかに関わらず、同じように新型コロナウイルスの感染はピークに達し、まったく同じように収束した。

このグラフは、すべての国がほぼ同一の新型コロナウイルスの感染パターンを経験したことを示しており、感染数は 6週目にピークに達し、8週目までに急速に鎮静している。

教授は、「新型コロナウイルスは独自の感染拡大のパターンに従っている」とイスラエルの通信社 Mako に語った。

また、「封鎖の行われていない国でも感染数は減少し、封鎖している国と同様の推移を辿る」と教授は、論文に書いている。

アイザック・ベン・イスラエル教授は、通信社に以下のように述べている。「新型コロナウイルスの増殖が指数関数的かというと、そうではありません。感染の拡大時期には指数関数的に始まりますが、約 8週間後に急速に衰退します」

「なぜ、新型コロナウイルスがこのような固定されたパターンを描くのか、その理由は不明です。気候などを含めて、あらゆる種類の推測はできますが、おそらく、このウイルスは独自のライフサイクルを持っているようです」

しかし、死亡率はどうだろうか?
たとえば、イタリアの致死率は驚異的な 12%を超えるものとなっている。これについて、教授は以下のように述べる。

「イタリアの死亡率は、新型コロナウイルスとは何の関係もありません。これは、イタリアの医療制度にある独自の問題です」

確かに、イタリアは非常に高い新型コロナウイルスの死亡率を示すが、イタリアは同様に、異常に高い季節性インフルエンザの死亡率を持つことを思い出させる。たとえばドイツは、インフルエンザの感染率と死亡率が低く、同様に新型コロナウイルスの死亡率も低い。

イスラエル教授は分析要約論文で、過去 50日間のデータは、厳格なロックダウン政策は、それを「より穏やかな社会的距離政策に置き換えることが可能」であることを示していると結論付けている。

イスラエルで行われている前例のないロックダウン政策の合理性について、教授は、通信社に以下のようにコメントしている。

「私には、ロックダウンは大規模なヒステリーだと思えます。ヒステリーという表現以外にそれを説明する他の方法がありません。たとえば、イスラエルでは、季節性インフルエンザで毎年 4,500人が亡くなっています。インフルエンザのために、ロックダウンしますか? 今起きていることは完全に社会的ヒステリーなのです」

アイザック・ベン・イスラエル教授は、新型コロナウイルスでのロックダウン政策が誤りであることを数学的に示した。

一方、カリフォルニアの別の研究では、カリフォルニア州では、新型コロナウイルスに対する集団免疫をすでに獲得している可能性を調査している。それが証明されれば、この調査は世界的なロックダウンを打破する突破口となるだろう。
(引用終わり)

にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ

コロナ詐欺~ご本尊はインフルエンザであり、その状況下で60GHz(5G)を発射すればO2欠乏の肺疾患で即死、あるいは重症化する

Posted by ななし on 25.2020 記事 0 comments 0 trackback
今回のコロナ騒動を簡単にまとめると、
計画は次のように見えます:
5Gを世界中に展開、一方で同時に「感染拡大するコロナウイルス」に関係する病気に大騒ぎし、ビルゲイツ提供の必須ワクチンでさらに多くの人々を殺す

5Gとパンデミックは共存しています、5Gは酸素欠乏を起こします、そもそも歩いている人が突然倒れるなどウィルスではあり得ません、クルーズ船は最新の衛星通信を備えていました

60GHzのミリ波周波数では、吸収が非常に高く、送信されたエネルギーの98%が大気中の酸素に吸収されます。60GHzでの酸素吸収はレンジを厳しく制限しますが、同じ周波数の端末間の干渉も排除します。

今から、19年前ゆえ、
この60GHzをコロナと併用する気があったのか不明ながら、
当初の目的は、通信の精度向上を目指していた、
ところが、(60GHzの)相手側のO2はこの干渉により、
電子スピンが変えられ、本来のO2でなくなる現象が起こる、
これで、呼吸不全、肺疾患となる、(コロナ肺炎となる、)

5G基地局は中国全体では13万基の展開、
昨10月から試験運用を開始した武漢では1万基が展開され、
日常的に60GHzに晒された環境だった

最強タッグ、5G(リンク)とコロナで見た通り、コロナウィルスは、
特定の電波/ケムトレイル/接種後のワクチン成分で重症化する、
(武漢では、加えて、大気/水/土地の汚染もこれに貢献、)
と言うかそのように見える、

結論として言えるのは、中国での5Gの軍事展開開始決定により、バイオエンジニアリングコロナウイルスパンデミックは、世界中で急速に拡大する5G網が引き起こすさまざまな症状、医学的疾患、健康状態をカバーするために密かに広まっていると言うことです。

コロナウィルスの話題ばかり広まっているけど、
その背後にO2を破壊する60GHzを擁する5Gありだ!

COVID-19と言うウィルスは存在しない、

コロナウィルスサイプ(詐欺)
ご本尊はインフルエンザであり、
その状況下で、60GHz(5G)を発射すれば、
O2欠乏の肺疾患で即死、あるいは重症化する、
それをコロナだ、コロナだ、と騒ぐのである、

そもそも、
50Hzの電磁界への曝露は、ウィルスの活性化を誘導、
EBVゲノムに潜在的に感染したヒトリンパ系細胞株であるAkata細胞を50Hz EMFに曝露すると、ウイルス初期抗原を発現する細胞の数が増加しました。 この発見は、DNAが磁場によって変調されるという追加の証拠を提供します。

50Hzと言う低周波でも、体内のウィルスを活性化するわけで、
(逆な見方で、体内の免疫が低下する、)
5G以前の問題として、あらゆる電磁波から離れていたいところ

今回のコロナ騒動を簡単にまとめると、
計画は次のように見えます:
5Gを世界中に展開、一方で同時に「感染拡大するコロナウイルス」に関係する病気に大騒ぎし、ビルゲイツ提供の必須ワクチンでさらに多くの人々を殺す

5Gとパンデミックは共存しています、5Gは酸素欠乏を起こします、そもそも歩いている人が突然倒れるなどウィルスではあり得ません、クルーズ船は最新の衛星通信を備えていました

60GHzのミリ波周波数では、吸収が非常に高く、送信されたエネルギーの98%が大気中の酸素に吸収されます。60GHzでの酸素吸収はレンジを厳しく制限しますが、同じ周波数の端末間の干渉も排除します。

今から、19年前ゆえ、
この60GHzをコロナと併用する気があったのか不明ながら、
当初の目的は、通信の精度向上を目指していた、
ところが、(60GHzの)相手側のO2はこの干渉により、
電子スピンが変えられ、本来のO2でなくなる現象が起こる、
これで、呼吸不全、肺疾患となる、(コロナ肺炎となる、)

5G基地局は中国全体では13万基の展開、
昨10月から試験運用を開始した武漢では1万基が展開され、
日常的に60GHzに晒された環境だった

最強タッグ、5G(リンク)とコロナで見た通り、コロナウィルスは、
特定の電波/ケムトレイル/接種後のワクチン成分で重症化する、
(武漢では、加えて、大気/水/土地の汚染もこれに貢献、)
と言うかそのように見える、

結論として言えるのは、中国での5Gの軍事展開開始決定により、バイオエンジニアリングコロナウイルスパンデミックは、世界中で急速に拡大する5G網が引き起こすさまざまな症状、医学的疾患、健康状態をカバーするために密かに広まっていると言うことです。

コロナウィルスの話題ばかり広まっているけど、
その背後にO2を破壊する60GHzを擁する5Gありだ!

COVID-19と言うウィルスは存在しない、

コロナウィルスサイプ(詐欺)
ご本尊はインフルエンザであり、
その状況下で、60GHz(5G)を発射すれば、
O2欠乏の肺疾患で即死、あるいは重症化する、
それをコロナだ、コロナだ、と騒ぐのである、

そもそも、
50Hzの電磁界への曝露は、ウィルスの活性化を誘導、
EBVゲノムに潜在的に感染したヒトリンパ系細胞株であるAkata細胞を50Hz EMFに曝露すると、ウイルス初期抗原を発現する細胞の数が増加しました。 この発見は、DNAが磁場によって変調されるという追加の証拠を提供します。

50Hzと言う低周波でも、体内のウィルスを活性化するわけで、
(逆な見方で、体内の免疫が低下する、)
5G以前の問題として、あらゆる電磁波から離れていたいところ

宮田一郎
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ
 HOME