FC2ブログ

自分らしく働くために、私たちに必要な「気づき」の力とは?

Posted by ななし on 19.2020 記事 0 comments 0 trackback
リンクより引用

青砥:どんなにインプットの効率を上げて生産性を高めたとしても、結局「自分がどうなりたいのか」がわかっていないと、人はハッピーになれないんです。そして、それをわかり得るのは、自分自身のほかにいません。

自分の在り方は「僕にとっての成長とは?」「私にとっての幸せとは?」などの自問自答を重ねて模索しなければならない。にもかかわらず、自分を見て、自分について考えることをしていない人たちが、日本には非常に多いなと感じています。自分に対するメタ認知が欠如してしまっているんです。

WORK MILL:それは、どうしてなのでしょうか。

青砥:日本の教育課程の中で、意思決定のベクトルを大人が握っていることが多いからかなと感じます。順調な学歴を歩んでいる人ほど、その傾向が強いですね。「親や先生の言うことに従う」という学習スタイルが定着してしまっているために、自分で考え、自分の意志で何かを決めることに慣れないまま、社会に出ざる得なくなっているのでしょう。人は「自分のことは自分が一番よくわかっている」と思いがちですが、それは多くの場合、錯覚にすぎません。意識的に考えようとしない限り、自分についての理解が深まることはないのです。たとえば、自宅を出てから最寄りの駅までの道のりって、おそらく今まで何千回と歩いていますよね。その間に、何本の電信柱があるか、覚えていますか?

WORK MILL:いえ、数えたことがありませんでした。

青砥:そうですよね。毎日見ているから、情報としては脳に届いているはずだけど、大抵は覚えていない。「学習する、記憶する」という行為には、エネルギーを使います。人間は無意識のうちに膨大な情報を受け取っていて、それをすべて記憶していこうとしたら、たちまちエネルギー不足になってしまう。だから省エネのために、脳は「要らない≒意識を向けない情報」を学習しないようにできています。そして、この電信柱の話とまったく同じことが、「自分自身について考えること」についても言えるんです。

WORK MILL:それは…「負荷が大きいから、脳が考えないようにしている」ということでしょうか。

青砥:その通り。「自分自身について考える」とは、決まった答えのない問いに向き合うことであり、脳的にはとてもエネルギーを使う行為です。それゆえに、意識的に考えようとしない限り、実は自分のことって考えられないし、学習できないんですよ。けれども“自分”って、いつも一緒にいるじゃないですか。一緒にいる時間が長いから、わかった気になりやすい。そこは他人と同じで、コミュニケーションをとって歩み寄らない限り、“自分”のことは自分にだって理解できないんです。

WORK MILL:なるほど。

青砥:「自分がどうありたいか」という問いの答えに、万人に共通する正解はありません。同じ人間の中でも、ライフステージや周りの環境の変化に影響を受けながら、その時々で答えは変わっていくでしょう。だからこそ、私たちは常に「自分がどうありたいか」と自身に問い続けていく必要があるんです。

気づきの力が、多幸感と働きがいをもたらす
青砥:今後の労働環境において、誰かに指令されてやるような単純作業は、人工知能がやってくれるようになりますよね。すると、働く現場で人間に求められるのは「人にしか発揮できない人間らしさ≒自分らしさ」になってきます。

WORK MILL:それも「自分がどうありたいか」という、自分との対話の先に見えてくるものですね。そうした、自分と向き合うこと、自分とのコミュニケーションを上手にやるためのコツって、何かあるのでしょうか。

青砥:あるんですよ。それは、「サリエンスネットワーク」を鍛えることです。

WORK MILL:サリエンスネットワーク?

青砥:人間の脳にはいろいろな思考のネットワークがあるのですが、大きく3つに分けられます。1つ目は、無意識下でもオートマチックに情報処理や指示出しをする「デフォルトモードネットワーク」。2つ目は、自発的に意識を向けた時に活発に働く「エグゼクティブネットワーク」。そして、この2つの対極的な要素を持つネットワークの切り替え役を担うのが、3つ目の「サリエンスネットワーク」です。脳神経科学の分野ではここ5年ほどで発見され、研究が盛んになっている対象で、“気づきのためのネットワーク”とも言われています。私たちは普段の生活の中で、ふと何かに意識的な状態になる瞬間がありますよね。それまでは気にしなかった電柱が、何かの拍子に急に視界に入ってきたりする。この「無意識から意識への切り替え」を意識的に使いこなせるようになると、物事の見え方や考え方が変わってきます。

WORK MILL:それはどのように?

青砥:たとえば、朝すごく天気が良い日があったとして、それに気づかない人は何も感じないでしょう。一方で、「うわあ、今日はめっちゃ気持ちのいい天気だな!」と気づける人は、その分ハッピーな気持ちになれる気がしませんか? 実際に後者の方は、体内でセロトニンが分泌されていて、気持ちのいい状態になっているんです。このような「何かに気づける、意識を向ける瞬間」が増えていくと、その数だけ学びや喜びを得られる機会も増えていく。サリエンスネットワークを意識的に働かせることによって、1日の中のハッピーポイントが増えていくんですよ。

WORK MILL:幸せを感じられる瞬間を見い出すことが、得意になっていくのですね。働いている中でも、ただ作業的に業務をこなすのではなく、「ちょっと上達したかも」「これは楽しいな」といった気づきを意識的に持とうとすることで、より働きがいが生まれてくるように感じます。

青砥:サリエンスネットワークを意識的に働かせて、気づきの表面積を増やしていくと、それだけ心の振れ幅も大きくなります。自分が何に関心を持っていて、何に感動するのか―気づきの力を鍛えていくことで、「自分らしさ」について考えるための材料が増えていく。そうすると、自ずと「自分ってどんな人間なんだろう?」と意識的に考えられるようになっていくはずです。



江崎栗子
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ
スポンサーサイト



新人時代に大切な心構えとは?

Posted by ななし on 14.2020 記事 0 comments 0 trackback
リンク

(以下引用)
メルカリのデータアナリストチームを率いる樫田光さん。プログラミングを学び始めたのは30歳になってからだった。外資系コンサルファームから現在のキャリアを裏支えしたのは、新人時代に得た数々の経験だ。そして、樫田さんのエピソードは、いつでも「新人」に戻ることの大切さも教えてくれるようだった。

■怠け者の自分を追い込む力
今の自分を変えたい、と願う。
(中略)
いま、転職市場でも人気の企業として名を馳せ、多彩な人材で話題に事欠かないのがメルカリだ。
樫田光さんは、メルカリで「データアナリスト」チームを率いている。しかし、ここまでの進路は一本道ではなかった。
近年、注目を浴びるデータ分析職に身をおき、メルカリというトップ企業で活躍する姿からは想像できない、新人時代の歩みがあった。その裏側を支え続けたのは、樫田さんが持つ「怠け者の自分を追い込む力」だった。

■年間1000枚の資料作りが実を結ぶまで
理系の大学を出て、就職活動のときに経営戦略コンサルティングの仕事を知りました。僕は好奇心が強い反面、飽き性な性格でして、比較的短期間でプロジェクトごとに対象業種や内容が変わるコンサルティングの仕事は合っていそうだなと思いました。

それで、大学卒業後は外資系の戦略コンサルティングファームに入りました。入社2年半ほどで順調に社内でのポジションも上がった頃に「グローバルメンバーと一緒にやるプロジェクトにアサインしてほしい」と社長に頼んだことがありました。学生時代に海外経験などがあったわけでもなく、その当時は英語も全く話せなかったんですが、何を思ってか勢いだけで……そのプロジェクトはすごくツラかったし、すごく楽しかった。

英語が満足に話せないので、まずは相手の信頼を勝ち取ろうととにかく必死でした。具体的なアクションとしては、プロジェクトに貢献すべく会議の準備には特に力を入れていました。僕が基本的に心配性っていうのもあって、「これだと本当に言いたいことが相手に伝わらないんじゃないか?」「わからないんじゃないか?」と考えがちで、周到に資料などを準備したいタチなんです。大学の研究室時代でも、尊敬する教授から「説明して伝わらない研究は価値がまったくない」と教えられていたので、理解してもらうことの大切さは身に沁みていましたしね。

コンサルティングファームは、まさにその伝え方を学ぶのに最適な場所でした。僕はプレゼン用のスライドをつくるのが好きで、多いときは1年間で1000枚近く作ったんじゃないでしょうか。いろいろな仕事の中でも、数値分析は特に得意だったので、物事を数字に落とし込み、グラフにして資料にまとめる。これをずっと繰り返していると、当時の外国人の上司には次第に「言葉では何を言っているかは よくわからないが、少なくとも分析のアウトプットを出せるやつだ」と認識されていきました。
(中略)

「なんでも見える形に落とすこと」「英語以上に世界の共通語である、”数字”をうまく利用すること」「とにかく事前に準備すること」「まず自分が貢献できる箇所を探して信頼関係を築くこと」……この4つは大きな学びでしたね。

■キャリアを決める、たった1つの確かな軸
27歳のときに、今後のキャリアを考えました。僕は今でもそうなのですが、「何が最も重要か?」を考える時には、「希少性が高いかどうか」で判断することが多いです。経済学の基本原理ですが、価値が高くなる理由はそれが希少だから、という考え方ですね。

現在の自分にどんな価値があるのか。それから、どんな経験に希少性があるのか。その当時、それを考えて出てきた結論は「4年間のコンサルティング経験」と「27歳という若さ」でした。
(中略)
ベンチャー企業を退職してから、「この21世紀に生きているんだったら、やっぱりIT系の企業に入りたいなぁ」と思うようになりました。そして、できればコンサルティングファームの仕事の延長線上に近い経営企画や財務のようなポジションではなく、プロダクトやサービスづくりに密接に関わる仕事をしたい、と強く感じていました。
(中略)

■新人時代は「貢献」こそが大事
(中略)
あと、僕はやるべきことを細切れにして、自分を追い込んでいくのが上手なんです。いきなり大きなことをやろうとすると、途中で心が折れてしまうので(笑)。まずは小さな一歩を踏んで、またその次に取り組む意味があると信じて頑張る、とか。僕はすっごい怠け者だし、怠けるのが上手なんです。追い込まないと怠けてしまうのがわかっているので、過剰に高いゴールをセットするんですよ。

だから、そこにたどり着くために日々息を吸うように勉強すべきことを意識していて、それが積み重なっている部分が大きいんだと思います。道を歩きながらトレーニングするみたいなものですね。

振り返ってみると、20代は「その仕事が好きかどうか」よりも、「得意なこと」や「できること」を磨いていくために力を使うのはありなのかな、と思っています。若いうちから、『好きなことを仕事に』とか『意義があることをやりたい』と、ちょっと力が入ってしまっている人は多い気がしますが、20代は焦らずに得意領域を深ぼる時間にするのも、価値があると思います。特定領域で力を身につけて周囲に貢献し、自信をつけていければ、30歳や40歳になったときに「好きなこと」や「意義のあること」に、よりじっくりと取り組めるはずです。

やはり、何よりも「貢献(コントリビューション)すること」が大事ですね。最近の意識高い系なんて言われる若者は生き急いでいる人が多いのかな、と感じます。もちろん自分も20代の頃は周囲から見ると結構生き急いでいた部分はありますが....。20代で着実に力を積んで、30代から好きなことを楽しみ始めても、人生にめちゃくちゃ大きな差が出るわけでもないかもしれないですよ。生き急がなくても、人生は結構長いですからね。
(以上引用終わり)




新川啓一
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ

街中から一年中「就活生」の姿が消えない理由。就活で増す「インターンシップ」の存在感

Posted by ななし on 09.2020 記事 0 comments 0 trackback
街中で見かけるリクルートスーツ姿の学生は一向に減る気配がない。2020年卒業予定者の多くはすでに就職活動を終えているものの、2021年卒業予定者がインターンシップに、セミナーにと活発に活動しているためだ。

数年前までは、インターンシップと言えば夏期休暇や春期休暇などの長期休暇中に参加するものであり、普通に授業が行われているこの時期にインターンシップに参加する学生は少なかった。そもそも企業側が受け入れていなかったからだ。しかし、状況は一変している。

今回は、HR総研が、リブセンスが運営する就活クチコミサイト「就活会議」と共同で、2021年卒業予定の就活生を対象に実施した「就職活動とインターンシップに関する意識調査」(調査は11月上旬に実施)の結果を基に、今年のインターンシップの現状を見ていこう。

未経験者は就活生にあらず?
11月上旬時点で、インターンシップに応募経験のある学生は実に95%(文系・理系の合計)に上った。この時点でインターンシップにまだ1社も応募していない学生はわずか5%という状況である。

対象は、就活クチコミサイトである「就活会議」に自ら登録して情報収集をしている学生が対象だ。世の中全体の就活生の分布と比べると、就活意識の早い学生の割合が多いことは否めない。しかし、11月上旬の時点で経験者が95%に達しているのは、驚きの数字である。

「インターンシップに参加していない学生は就活生にあらず」、とでも言いたくなるような数字だ。応募はしたものの、参加者を決めるための企業側の事前選考で漏れてしまった学生や、選考には合格したものの何らかの事情で欠席してしまった学生も6%ほどいる。

つまり、残りの89%は実際に企業のインターンシップに参加した経験を持つということである。9割近い学生がこの時期にすでにインターンシップに参加するなどということは、数年前には考えられなかった。

続きは下記
リンク



大川剛史
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ

街中から一年中「就活生」の姿が消えない理由。就活で増す「インターンシップ」の存在感

Posted by ななし on 09.2020 記事 0 comments 0 trackback

街中で見かけるリクルートスーツ姿の学生は一向に減る気配がない。2020年卒業予定者の多くはすでに就職活動を終えているものの、2021年卒業予定者がインターンシップに、セミナーにと活発に活動しているためだ。

数年前までは、インターンシップと言えば夏期休暇や春期休暇などの長期休暇中に参加するものであり、普通に授業が行われているこの時期にインターンシップに参加する学生は少なかった。そもそも企業側が受け入れていなかったからだ。しかし、状況は一変している。

今回は、HR総研が、リブセンスが運営する就活クチコミサイト「就活会議」と共同で、2021年卒業予定の就活生を対象に実施した「就職活動とインターンシップに関する意識調査」(調査は11月上旬に実施)の結果を基に、今年のインターンシップの現状を見ていこう。

未経験者は就活生にあらず?
11月上旬時点で、インターンシップに応募経験のある学生は実に95%(文系・理系の合計)に上った。この時点でインターンシップにまだ1社も応募していない学生はわずか5%という状況である。

対象は、就活クチコミサイトである「就活会議」に自ら登録して情報収集をしている学生が対象だ。世の中全体の就活生の分布と比べると、就活意識の早い学生の割合が多いことは否めない。しかし、11月上旬の時点で経験者が95%に達しているのは、驚きの数字である。

「インターンシップに参加していない学生は就活生にあらず」、とでも言いたくなるような数字だ。応募はしたものの、参加者を決めるための企業側の事前選考で漏れてしまった学生や、選考には合格したものの何らかの事情で欠席してしまった学生も6%ほどいる。

つまり、残りの89%は実際に企業のインターンシップに参加した経験を持つということである。9割近い学生がこの時期にすでにインターンシップに参加するなどということは、数年前には考えられなかった。

続きは下記
リンク



大川剛史
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ

子供を殺す「鬼母」 動物としての本能が消失

Posted by ななし on 08.2020 記事 0 comments 0 trackback
母親が自分の子供を虐待、殺してしまうという事件が後を絶たない。背景に家庭環境の複雑さや、男の影がちらつくなど、いくつかの共通点があるが、殺人までしてしまう理由がわからない。子育ての専門家は「動物としての本能が失われている親の再教育は難しい。母親の子供殺しはこれからも増えていくだろう」と予想している。

中略

ざっと、こんな具合だ。

  なぜ、母親は、こうも子供を虐待し、子殺しに走るのか。子育ての専門家で、自ら幼稚園を設立、北海道教育大学非常勤講師も務めた「行動工学教育研究所T・B札幌マーガレット」代表の鈴木亮さんはJ-CASTニュースの取材にこう話す。

「事件を起こす女性の特徴は、初めは我が子を異常にかわいがるんです。そして子供を『私物化』する。しかし、泣いたりぐずったりして自分の思い通りにならない。それがイライラのもとになって『こんなに可愛がっているのに!』と逆ギレする」
  こうして虐待が始まるのだと言う。その行き着く先が子殺しだ。

 「生命に対するリアリティー、生命に対する尊厳が無くなっているんです。動物としての本能が失われていると言ってもいい」と鈴木さんは話す。どうしてそうなってしまったのか。

  こうした母親の世代は、豊かな環境で育ったうえ、「わがまま」が許されて育った。社会全体は「とにかく子供を大切にしよう」「子供に優しくしよう」と。子供の「心」に気を使う事が行き過ぎた。その影響が今の「身勝手」な母親に出てきている、と分析している。さらに、子供時代に「人の死」に触れる経験が無くなっているのが関係しているという。例えば祖父母が死を迎えるのはほとんど病院のベッドの上。死に立ち会う機会が失われ、生命に対する「尊厳」「命を失うことの怖さ」を体感できなくなったためだというのだ。

  では、どうしたらいいのか。

「非常に難しいんです。20年ほど前にある学者が『虐待を受けた子供は親になり、また子供を虐待する』という研究を発表し、虐待をする親は倍々で増えることを憂いていました。私もこれからも虐待や子殺しは増えていくと思います。防止策としては、子供に対する教育を、根本から見直すしかないのです」


匿名希望
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ
 HOME